【USJ】手に触れる場所について新型コロナ感染予防対策が少し緩和しているようです

ドリンクの自動販売機 新型コロナウイルス COVID-19
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染防止策が、パークが再開してから約1か月経ち、少しずつ変わってきています。

分かりやすく言うと、緩和する方向に向かっていると言っていいでしょう。

これまで、再開してからの様子を何度か書いてきましたので、本文に入る前に、それらも貼っておきます。

 

USJレストランの感染予防対策と利用する時に知っておきたいこと
USJのレストランで行われている新型コロナ感染予防策と、レストランを利用する際に知っておいたほうが良いと思うことを紹介します。 まず最初に、どのような対策がされているのか簡単に紹介してから、詳しく説明していきますね。 ...

 

USJアトラクションのソーシャルディスタンスは前後を空けることが基本
再開したUSJのアトラクションやショーにおける新型コロナ感染予防対策の一つ、ソーシャルディスタンスがどのようになっているのか書いてみます。 人と人との距離をできれば2メートル、それが無理なら1メートル空けましょうと言われています。 ...

 

【USJ】多くの人が触れる部分への新型コロナウイル対策
昨日、2020/6/26、新型コロナウイルスの感染者が全国で新たに105人が確認されました。 1日の感染者数が100人を超えるのは5/9以来で、48日ぶりということです。 人の動きが活発になると、この傾向が強くなる可能性があるので気を抜...

 

 

では変化を書いてみます。

 

パーク再開後、多くの人が手を触れる場所に対し、いくつかの配慮がされていました。

その一つが、ドリンクの自動販売機の取り出し口の蓋を取り外していたことでした。

 

下は、外していた時の写真です。

 

ドリンクの自動販売機

 

ドリンクの自動販売機

 

そして現在は、蓋が取り付けられています。

 

 

そして、パーク再開後、営業していなかったゲームコーナーの一つ『コインピッチ』が営業を始めています。

コインピッチは、コインを投げ、皿の上に乗るとゲームクリアで景品をもらえるものです。

 

再開直後は、皿が撤去されていました。

コインピッチのゲームコーナー

 

しかし現在は、通常通りに営業しています。

コインピッチのゲームコーナー

 

パーク再開当初、このゲームがクローズしていたのは、コイン一枚一枚を消毒するのが大変なのだろうと思っていましたが、現状は通常通りに営業しています。

 

 

今日紹介したのは、ゲストの手が触れる所に配慮を行っていたところが緩和されている感じです。

しかし、すべてが緩和されている訳ではなく、ゴミ箱のふたは、今も空けたままになっています。

ゴミ箱

 

パーク内では、このような細かな変化がアチコチで見られます。

少しずつ感染者が増えていく傾向にある反面、その数に比例して重症者や死者は増えていないという報道もあります。

ここ最近、手が触れる場所というより、飛沫が主な感染理由のように感じています。

USJではマスク着用が決まりになっています。

このような理由から、今日紹介した手に触れる場所については感染防止策を緩和しているのかもしれません。

マスクをして、目、鼻、口を触らず、大きな声を出さずに静かにしているのが感染予防策の大切なことなのかもしれません。

 

コメント