乗り物系アトラクションは定員いっぱいで運行しているので待ち時間が短縮傾向

前後の間隔を空けたライド・ジェットコースター USJアトラクション
スポンサーリンク

ユニバーサルスタジオジャパンが新型コロナウイルスによる臨時休園となり、再開されてから約一か月経ちました。

この一か月で、感染予防対策が変化しています。

今後、さらに変わる可能性があるため、今の様子を簡単にお伝えしてみます。

 

USJ再開当初、乗り物系のアトラクションは前後の座席を空けて、定員の半分ほどの搭乗者で運行されていました。

しかし、ここ最近は、定員いっぱいで運行されているものがあります。

その代表が、屋外のジェットコースターです。

ザ・フライング・ダイナソー、ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドで、その様子を確認できます。

 

下の写真は前後の間隔を空けていた時のものです。

 

前後の間隔を空けたライド・ジェットコースター

 

前後の間隔を空けたライド・ジェットコースター

 

そして今は、定員いっぱいで運行しています。

 

 

このように、前後の間隔を空けないで、フル乗車で運行されています。

このようになった理由を考えてもハッキリした答えは出ないので、現状をお伝えするだけにします。

 

定員の半分で運行していた時、パーク内は空いているのに、人気アトラクションの待ち時間だけがパーク内の混雑とは比例せず、ずいぶん長くなっている時がありました。

今は定員マックスで運行されているので、待ち時間は短縮されています。

しかし、消毒作業などがあるため、コロナ前とまったく同じようにとは言えないことも頭に入れておいてくださいね。

 

コメント