大阪府では一部制限解除 USJは自粛要請施設に入っているのか?

テーマパークは自粛要請が出たまま 新型コロナウイルス COVID-19
スポンサーリンク

2020年5月16日現在、大阪府の緊急事態宣言は解除されていません。

しかし、大阪府独自の指標により、一部制限が緩和されることになりました。

 

詳しくはコチラの大阪府発表の資料をご覧ください。

 

上記の大阪府発表の資料を少し書いてみます。

【5月16日以降の大阪府緊急事態措置の概要】

① 区域 大阪府全域
② 期間 令和2年5月16日から令和2年5月31日
③ 実施内容( 【大阪モデル】を踏まえ、これまでの実施内容を一部解除 )

 

●外出自粛の要請(特措法第45条第1項)
府民に対し、「最低7割、極力8割程度の接触機会の低減」を目指して、引き続き外出自粛を要請。その際、特に次の内容を要請。

1.不要不急の帰省や旅行など、府県をまたいだ移動を避けること
2.接待を伴う飲食店など、夜間の繁華街への外出を自粛すること
3.「三つの密」を徹底的に避けるとともに、感染拡大を予防する「新しい生活様式」を徹底すること(在宅勤務(テレワーク)の推進、「大阪コロナ追跡システム」への登録・利用など)

●イベントの開催自粛の要請(特措法第24条第9項)
イベント主催者に対し、規模や場所に関わらず、開催の自粛を要請。

●施設の使用制限の要請等
多数の者が利用する施設の管理者等に対し、施設の使用制限等を要請。

 

これは、発表されている資料の冒頭の一部です。

ここまでは今まで通りの感じですが、このあと、制限が緩和されることが書かれてあります。

緩和されるのは、学校などの教育施設、博物館、美術館、図書館、劇場、映画館などの文化施設、そして商業施設。

さらには、居酒屋などの飲食店は、営業時間が午前5時から午後8時までに制限されていたものが、午後10時までとなり、お酒の提供も午後9時まで認めるようになっています。

今後、第二波、第三波がやってくることも想定し、感染防止策をとりながら、経済を再生させるために動き出したことになります。

 

ブレーキは踏み続けたまま、アクセルにも足を乗せる。

そんな感じの対応策となっていますが、致し方ないことだと感じています。

この方法を上手く機能させるには、個々が感染しないように意識しながら生活する必要があるでしょう。

 

スポンサーリンク

USJは自粛要請に入っているのか

ウイルスと共生するという意味でもある今回の措置ですが、ここで気になるのがテーマパークであるUSJです。

何かと話題になっていたパチンコ店も、床面積1000平方メートル以下であれば解除するとなっています。

しかし、テーマパークにおいては、まだ自粛要請が出たままとなっています。

 

下の資料は、今回発表になったものです。

 

テーマパークは自粛要請が出たまま

 

分かりやすいように赤線を引いたのでお分かりかと思います。

休止を要請する施設にテーマパークが入っています。

 

USJのように大きな施設は、万単位の人が動きます。

そうなると、感染リスクが高くなるため、今の段階で制限解除にならないことは理解できます。

 

再開される施設と個々の考え方

上海ディズニーリゾートは再開し、アメリカオーランドのユニバーサルシティウォークは本体のパーク再開に向け、一部で再開されています。

日本国内においても、各所で感染予防策を取りながら営業活動が再開しています。

 

先日、ユニクロに行ったとき、ウイルス対策でこれまでとは違った、入店方法となっていて、仕方ないとは思うものの、慣れいため窮屈で面倒な感じがしました。

しかし、これが新しい生活様式なんだと感じ、自分自身が慣れるほかないとも感じました。

 

特効薬のような治療薬や、しっかりと効くワクチンが開発される前にUSJが再開する場合、今までと違った窮屈な中で過ごすことが前提となるでしょう。

現状を考えると、吉村大阪府知事が言われる『ウイルスと共存していく新たなステージ』に進むのは間違いないので、今から自分の思考をそちらに向けて過ごそうと思っています。

 

大阪府が休業要請の段階的解除を決定 「経済活動維持し、ウイルスと共生を」 - 毎日新聞
 新型コロナウイルス対策の休業要請を巡り、大阪府は14日夜の対策本部会議で、要請の段階的な解除を正式に決定した。解除の際の独自基準「大阪モデル」は同日も重症者病床の使用率など3指標全てで下回り、条件だった7日間連続を達成した。会議では商業施設など幅広い業種を解除対象として公表した。16日午前0時から

 

コメント