地下鉄入り口の扉が開いているのは珍しい?

地下鉄入り口 USJ 雑文
スポンサーリンク

ニューヨークエリアの片隅に、地下鉄に降りる階段のセットがあります。

 

地下鉄入り口

 

ここには、映画「ON THE TOWN」のセットと説明されたプレートが貼られています。

 

 

日本でのタイトルは「踊る大紐育」。

大紐育?

読めなかったので調べてみますと、「紐育」でニューヨークと読むのだそうです。ちなみに、でロサンゼルスは「羅府」と書くそうです。初めて知りました。

ニューヨークの前に「大」という字がついているので、大都会という意味で使っているのかもしれませんね。

 

また、宝塚歌劇団が「ON THE TOWN」の舞台を公演していたことも調べる過程で知りました。

ウィキペディアによると、「踊る大紐育」は72年前の1949年にアメリカで作られたミュージカル映画だと説明されています。

当時の首相は吉田茂で、ドイツ連邦共和国(旧西ドイツ)が正式に発足したり、中華人民共和国が成立した年だったそうです。

 

日本語の説明にはキオスクとも書いているので、映画の中では、売店のようなもので登場していたのかもしれませんね。

それは良いとして、この入り口はずいぶん長い間、閉まっていました。

シャッターが閉まっている様子をメインに撮った写真はなかったので、写りこんだものはないかと探し、見つけたのが下の写真です。

 

地下鉄入り口

 

このように閉まっていて、中を見ることはできませんでした。

しかし、先月あたりからでしょうか、SNSでここで撮った写真を見かけるようになったので、写真を撮ってきました。

 

地下鉄入り口

 

あくまでセットなので、もちろん地下鉄の駅があるわけじゃありません。

しかし、ここに駅があれば、とっても便利ですよね^^

 

中を見てみましょう。

 

地下鉄入り口

 

このように、4段ほどの階段があるだけのセットです。

中から外を見ると下の写真のように見えます。

地下鉄入り口

 

先月のことですか、USJ公式ツイッターで、この地下鉄入り口のセットを含めた写真に  #ニューヨークの日 のハッシュタグをつけた投稿がありました。

 

 

このブログの下書きをしているときに、このツイートを知ったので、中から見た写真を投稿してみました。

 

このツイートに使った写真は、このブログで使った写真より、少し時間をかけて編集しています。

長らく投稿しなかったのは、今年はハロウィーンイベントの変更が多くて

 

今年、2021年の冬はクリスマスツリーが設置されそうにありません。

クリスマスツリーの設置で、このスペースに入れなくなることはなさそうですが、この地下鉄の入り口がいつまで空いているのか分かりません。

一度閉まってしまうと、長期にわたり中を見られない可能性もあります。

興味のある方は、今がチャンスかと思いますよ。

コメント

  1. コイデ より:

    こんにちは。

    ハリーポッターファンの人は、ファンタスティックビーストと魔法使いの旅のラストシーンを思い出すそうですよ。でもね、映画が違うので仕方がないのですが、少し形や内部が違うんですよね。でも、雰囲気を味わうには、十分だと思います。

    • USJ与太話管理人 より:

      >コイデさんようこそ♪
      ファンタスティックビーストのラストシーンですか。
      見たのですが、記憶に残っていません(-。-;)
      ワタシのことはいいとして、人それぞれにイマジネーションが湧いてくるセットなのですね。