レストランの営業時間が4パターン 一日おき・完全クローズ・毎日営業など

本日営業しているレストランUSJ USJ 食事
スポンサーリンク

ユニバーサルスタジオジャパンのレストランの営業時間・営業形態が、お店によって違っていることについて書いてみます。

営業時間が違うこと自体はそんなに珍しいことではないのですが、コロナの影響で、これまでにないケースとなっているので、記録の意味も含めて書いておくことにしました。

 

レストランの営業形態は、大きくわけて4つのケースがあるので、まずはそれを書いてみますね。

 

  • 毎日営業している
  • 1日おきの営業
  • 完全にクローズ
  • 不定期オープン

 

このように4つのパターンがあります。

毎日営業しているのは以下の5つです。

  • ビバリーヒルズブランジェリー
  • マリオカフェ&ストア
  • メルズドライブイン
  • ルイズN.Y.ピザパーラー
  • 三本の箒

この5つのレストランは休むことなく営業しています。

 

完全にクローズしているレストラン】は、和食の彩道・中華料理のザドラゴンズパールなどが相当します。

不定期オープンのお店】は、ゲストの数が多くなりそうなときにオープンするタイプで、屋内座席のないファストフードのようなお店が多くなっています。

この中で【一日おきの営業】という形態が珍しいケースとなっています。

 

では、USJ公式サイトで4つのパターンがどのように表記されているのかを見てもらいましょう。

 

毎日営業しているメルズドライブイン

毎日営業している


1日おきの営業になっているスタジオスターズレストラン

 

完全にクローズしている和食彩道

 

不定期にオープンするハローキティのコーナーカフェ

 

このようになっています。

ヤヤコシイのは【一日おきの営業】と【不定期オープン】で、不定期については、公式ページに書かれているように、パーク来場当日に、クルーに聞くしかありません。

 

もう一つの【一日おきの営業】となっているレストランは事前に調べることができまして、8店舗が対象となっています。

対象店舗は以下の8つです。

  1. スタジオスターズ
  2. ロストワールドレストラン
  3. フィネガンズバー&グリル
  4. アミティランディングレストラン
  5. ハピネスカフェ
  6. ディスカバリーレストラン
  7. パークサイドグリル
  8. スヌーピーバックロットカフェ 

 

この案内が、パーク内で分かりやすく案内されているので紹介してみます。

 

ジュラシックパークにあるレストラン、ディスカバリーレストランを例にとります。

閉まっているレストランの入り口に、案内板が設置されています。

ロストワールドレストラン

 

案内板には、その日営業しているレストランが載っています。

 

 

一日おき営業には二つのパターンがあります。

仮にAパターン、Bパターンとして2パターン、両方の写真を掲載します。

 

一日おきに営業するレストランAパターン
  • ハピネスカフェ
  • ディスカバリーレストラン
  • パークサイドグリル
  • スヌーピーバックロットカフェ 

 

一日おきに営業するレストランBパターン
  • スタジオスターズ
  • ロストワールド
  • フィネガンズバー&グリル
  • アミティランディングレストラン

このようになっています。

 

つまり

Aが営業している時はBが休み。

Bが営業している時はAが休み。

 

Aパターン Bパターン
ハピネスカフェ
ディスカバリーレストラン
パークサイドグリル
スヌーピーバックロットカフェ 
スタジオスターズ
ロストワールド
フィネガンズバー&グリル
アミティランディングレストラン

 

このように設定されているので、どうしても行ってみたいレストランがこの8つに含まれている場合、事前に調べておくことをおすすめします。

USJ公式サイト

 

レストランのメニューを紹介するページはコチラ

 

コメント