スポンサーリンク

台風で多くの木々に被害が出たハリーポッターエリアに復旧の兆しが見えてきた

ハリーポッターエリアに植えられた木 USJ 雑文

2018年9月、台風21号が近畿を縦断し、各地に大きな被害をもたらしました。

この台風の影響で、USJは二日連続で閉園することになったのです。

 

 

台風が過ぎ去った後、USJに行ってみると、パーク内の大きな木が倒れたり折れたり、斜めになったままのものがあり、二日続けて閉園となった理由が分かったのです。

 

USJのセントラルパーク

(斜めになっている2本の木は、その後伐採されました)

 

アミティビレッジでも大きな木が伐採され、景色が変わっています。

 

アミティビレッジで伐採された木の後

 

台風後のUSJの様子をブログに書いて記録しています

台風21号の強風で光景が変わってしまったパークを記録に残しておきました
台風による二度目の閉園を決めたUSJ。閉園したのは正解だったと思える光景がありました。強風による主な被害は樹木でパークの様子が変わってしまったところもありました。

 

 

このような被害が一番大きかったのが、ハリーポッターエリアの木々でした。

 

台風の後、ゲストの通行に邪魔になるものは撤去されていましたが、それ以外の場所で折れたり、倒れた木の復旧は、あまり手がついていない状況で、現在も斜めになっているものが残っています。

 

しかし、先週、USJに行ったときのことです。

伐採された木の後に、新たな木が植えられているのを確認しました。

 

では、その様子をお見せしましょう。

 

木が植えられていた場所は、ハリーポッターエリア入り口近くです。

その場所は、下の写真で赤い矢印で示した場所です。

 

ハリーポッターエリア入り口

 

ここは少し前まで、下の写真のように、折れた先の部分を伐採された木が残っていました。

 

ハリーポッターエリア入り口の木

 

ここに新たな木が植えられたのです。

 

ハリーポッターエリア入り口の木

 

この木は入り口左側ですが、反対の右側にある入場整理券が発行されている時に、待ち時間を過ごす場所があります。

 

このあたりの木も、台風後、軒並み伐採されていました。

 

ハリーポッターエリア整理券発行時の入り口

 

ハリーポッターエリア入り口の木

 

ここにも新たな木が植えられているのを確認しました。

 

ハリーポッターエリア入り口、植えられたの木

 

ハリーポッターエリアの入り口あたりは、重機が動けるスペースがあるため、作業が行いやすいだろうと思います。

 

しかし、作業がしにくそうな場所には、斜めになっている木がそのまま残っているのが現状なので、元通りになるまでどれくらいの期間がかかるのか、予想ができません。

 

完全復旧はまだまだ先でしょうが、復旧の兆しが見えてきました。

少しずつでもいいので、元の姿に戻ってくれることを祈ります。

コメント

  1. コイデ より:

    こんにちは。

    管理人さんの言われる通り、ハリーポッターエリアの復興には、まだまだ時間がかかると思われます。

    先日行ってきまして、気になる点がありました。
    一つ目は、ホグワーツ・マジカル・ナイトが始まっても、整理券の発行がありませんでした。まだ、それほど人が多くないと言うことでしょうか?でも、入場、退場が一方通行となり、入場時、エリアの裏通路を通されました。普段通ることのできないところでしたので、ついつい興味津々で見てしまいました。
    二つ目は、ナイトパレードのマッピングなのですが、ステージ21とその前(おさるのジョージの建物)のマッピングが今月の12日より無くなっています。スッタフに聞いたのですが、なぜ無くなったのか、いつまで無いのか解らないそうです。ここは、壁が平らで見やすかったんですけどもね。残念です。

    • USJ与太話管理人 より:

      >コイデさんようこそ♪
      ホグワーツ・マジカル・ナイトのための一方通行は、昨年通りまして、ワタシもキョロキョロしながら歩きました(笑)
      その際、整理券の発行はなかったように記憶しています。開催時間が短く、回転が早いのが理由かもしれませんね。

      ナイトパレードのマッピングは、投影機が設置してあるステージ22(だったと思います)の建物に問題がありそうですね。
      このあたり、次回パークに行ったとき、確認してみようと思っています。

      ワタシはステージ21のマッピングが一番見やすい穴場だと思っているので、残念です。