USJのキンモクセイは今が満開 良い香りが漂っています

キンモクセイ USJに咲く花
スポンサーリンク

キンモクセイの香りが好きな方は多いと思います。

大阪では、例年10月半ばくらいに満開になるのですが、今年は開花が遅くなり、ちょうど今が満開で、甘い香りを放っています。

USJの中にもたくさんのキンモクセイがあり、良い香りを漂わせています。

キンモクセイ

 

パーク内において、キンモクセイが一番多く植えられているのがジュラシックパークです。

 

キンモクセイ

 

下の写真は何気ない通路ですが、両側にキンモクセイが植えられています。

 

キンモクセイ

 

キンモクセイ

 

そして、セントラルパークには大きなキンモクセイの木が植えられています。

 

上の写真の左に写っているキンモクセイは分かってもらえると思います。

この奥にも立派なキンモクセイが植えられています。

それが、下の写真の青い矢印で示した場所です。

キンモクセイ

 

このように、パーク内のあちこちにキンモクセイが植えられています。

ということは、良い香りがあちこちから漂ってきそうなもの。

しかし、残念なことに、今はマスクをする必要があるため、感じる香りが弱いのです。

キンモクセイ

 

仕方ないけど、キンモクセイが花を咲かせるのは年に一度のことなので残念でなりません。

満開のキンモクセイの周りだけ、マスクフリーゾーンになったらありがたいけど、とう考えても無理ですよね。

 

それはともかく、キンモクセイの香りを楽しめるのはあと少しだけです。

コメント