スポンサーリンク

外国語版スタジオガイドが大屋根下に置かれるようになりました

携帯電話はおろか、コンビニですらまだ一般的ではなかったので、随分昔の話です。

 

台湾からの留学生と知り合いになりました。

会話のきっかけを探しているうち、ジャッキーチェンのことが頭に浮かびました。

 

ブルースリー亡き後、ジャッキーチェンの活躍に心を踊らせていた私は、映画をキッカケとして会話を広げようと考えたのです。

 

その留学生は、日本語がほとんど分からなかったので、最初は筆談でコミュニケーションをとり、その後、ジャッキーチェンを話題しようと考えたのです。

 

今思えば無知と言う他ないのですが、中国語というのは一つだけだと思っていました。

 

筆談を交えコミュニケーションを取っているのに、どうも話に食い違いがあるように感じました。

 

しばらく話を続けていると、台湾は北京語で、香港は広東語をだということを知ったのです。

 

とはいえ、中国語の中の方言ようなものだと捉え話していたのですが、違う言語で、広東語はほとんど分からないということを教えてくれました。

 

 

先日、USJに行った時、とあるものを見て、こんなことを思い出したのです。

ではそれを見てもらいましょう。

 

外国語のスタジオガイド

 

これはスタジオガイドを置いている什器です。

 

USJに入ってすぐにある大屋根の下に、このようなものが置かれていました。

 

外国語のスタジオガイド

 

近寄って見てみると、英語・韓国語、そして中国語のスタジオガイドが2種類用意してありました。

 

外国語のスタジオガイド

 

外国語のスタジオガイド

 

この中国語版は、先に書いた北京語と広東語という区別ではないようです。

この二つの言葉が、同じ漢字を書いて、意味が通じるのか、ワタシには分かりません^^

 

 

外国語のスタジオガイドは、ゲストサービスに行けば手にすることができましたが、増え続ける外国人観光客のためなのでしょう、USJに入ると、誰もが必ず通る場所に、このようなものが置かれていたのです。

 

私は今のところ、外国の方を案内したことはありませんが、もしそのようなことがあればこれは便利だなと感じたのでした。

コメント

  1. コイデ より:

    こんにちは。

    管理人さんへ。
    本文では写真ありますけど、ホームの表紙画面では、NO IMAGEとなって写真が表示されていませんよ。

    • USJ与太話管理人 より:

      >コイデさんようこそ♪
      ありがとうございます。
      ブログの設定を変更したら、自動でサムネイルが反映されないようになっていました(^▽^;)