スポンサーリンク

小学生以下のお子さんがビーズのネックレスがゲットできなかったらビーズ・フォア・キッズ・スポットに

USJ ハロウィン

パレード・デ・カーニバルでは、パレードの途中でビーズのネックレスが配られる時間があります。

パレードの進行が止まり、ダンサーさんたちが手にしたビーズを放り投げたり、手渡しをしてゲストに配ります。

ビーズのネックレス

ビーズのネックレス

このネックレスは、率直に言って「おもちゃ」です。

おもちゃであっても、お子さんを連れている人は子供に取ってあげたい。

子供さんがいない人でも、やっぱり欲しい。となるのです。

その状況がこんな感じ↓

ビーズのネックレス

時にはすさまじい状況になります…

ワタシは積極的には取りに行かないのですが、目の前に来たものは、やはりもらいます^^

今年、パレードを観たのは3回。それでゲットしたビーズは2本。

例年とするとずいぶん少ない数です。

理由は単純にゲストの数が多いため、競争率が高くなっているからです。

そう。今年は競争率が高いのです。

となると、欲しいのに手に出来ない人も出てきます。

大人はまぁ良いのです。

でも、子供さんは可愛そうでね。

昨年は半べそかいてる子供さんを何度も見かけました。

そんな子供さんにネックレスをあげたことがあるんですが、その喜ぶ顔を見て、こっちも嬉しくなったことを何度か経験しました。

ただ、ネックレスをゲットできない場合は、分けてあげられない。
どうにかならんものか… と思っていました。

USJもこんな状況を憂慮していたのでしょう。
こんな可愛そうな子供さんを救済するサービスが、今年導入されました!

パレードが終わったくらいの時間、午後2時半or午後3時半~午後6時まで、入場ゲート近くのステージ18において、パレード・デ・カーニバルでビーズを手に出来なかった小学生以下の子供さん限定で、一人一本という形ですが、配布されているのです。

配布される場所は「ビーズ・フォア・キッズ・スポット」となっています。

開始時間は、ハロウィーン・ホラー・ナイト開催日と非開催日で違います。

ハロウィーン・ホラー・ナイト開催日:午後2時半
ハロウィーン・ホラー・ナイト非開催日:午後3時半

となっています。

お子さんがビーズのネックレスを手に出来なかったら、足を運んでみてください。

詳しくはコチラのUSJのホームページをご覧ください。

☆ ))) ☆ ))) ☆ ))) ☆ ))) ☆ ))) ☆ )))

ハリー・ポッターエリアの入場確約券付プランはJTBだけ

USJ情報サイトスマホ版はコチラ

コメント

  1. よっしー より:

    こんにちは。あまりこういう事を言うと怒られそうですがやはりキャストも人間ですので100%平等にビーズを投げるということはないですよね。うちの娘は小学校の中学年ですが、たまたま周りに同世代の子供がいない場合は飛んでくる比率は高くなります。先日は7本もらっておりました。パレードのモチーフになっているアメリカの「マルディグラ」という祭りを調べてみると、“プレゼントとして群衆に向かって物を投げる。安物のカラフルなビーズの首飾り、ダブルーン (doubloon、コイン)、装飾されたプラスチックのカップや、小さくて安価なおもちゃなどが多く投げられている”とありますので、男の子向けのアイテムもあればより笑顔も増えるなぁと個人的には思います。

  2. ragtime より:

    >よっしーさんようこそ♪
    ビーズを均等に配るのは無理ですよね。
    だからこそ、この制度があるんだと思います。

    ワタシは男一人なので、なかなか飛んできません。
    ダンサーさんが誤って投げたものが、目の前に飛んできたものしかゲットできませんね(笑)

    マルディグラの様子はテレビでしか見たことがありませんが、楽しそうですよね。
    ザリガニ料理も食べてみたいので、USJで導入してくれませんかね^^