スポンサーリンク

リーベルホテルアットユニバーサル・スタジオ・ジャパンが日帰り温泉利用OKと想定して舞浜ユーラシアのスパを利用してみました

舞浜ユーラシアスパ入り口 オフィシャルホテルとその他のホテル

今週のはじめ、東京に行く用事がありました。

そのついでにここに立ち寄ってきました↓

 

舞浜ユーラシア外観

 

舞浜ユーラシア

 

東京ディズニーリゾートの近くにある「舞浜ユーラシア」という天然温泉のあるホテルです。

 

なぜここに行ってきたのか?

 

理由は、現在、USJの新しいオフィシャルホテルとして建築中の『リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』が関係しています。

簡単に言うと、「USJの帰りに日帰り温泉として利用できるのか?」。

利用できるのであれば、施設や料金、システムはどうなっているのか?

これが気になっているのです。

 

実はこの「舞浜ユーラシア」を運営している株式会社武蔵野が「リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を運営します。

しかも、「リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」にも温泉がある。

この共通点があります。

 

スパの経営ノウハウを持っている運営会社なので、「リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」にも同じようなシステムを取り入れるのではないか?

そんなことを考えているのです。

 

では、写真を使って紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク

舞浜ユーラシアのスパ(温泉施設)紹介

ホテル入り口からエスカレーターを上ると、ホテルとスパ二つのフロントに繋がる入り口となっていました。

舞浜ユーラシア入り口

 

 

フロントの手前には お土産屋、お菓子飲み物などを購入できる 売店があります。

舞浜ユーラシア売店

 

売店の奥にチェックインカウンターあります。

舞浜ユーラシアフロント

 

舞浜ユーラシアフロント

 

 

このフロントでは宿泊する人、温泉だけに入る人が同一カウンターで受付・チェックインができるようになっています。

舞浜ユーラシアフロント

 

ここで入浴料金を支払うのですが、 受付の方から、何かクーポンをお持ちですか? と聞かれました。

 

「えっ!? クーポン」と思っていると、「このようなカードを持っていると割引になります」と言いながら、イオンやタイムズのカードが印刷されている案内物を見せてくれました。

その印刷物の中に 持っているカードがあったのですが、同行している仲間が舞浜ユーラシアのクーポンを事前に調べていたようで、そのスマホ画面を提示することで、少し安く利用することができました。

 

クーポン利用でどれだけ安くなるのか、具体的に書いてみます。

土・日曜・祝日は2,570円が2,000円

平日は2,060円が1,500円

このようになっています。

 

スパ(温泉のみ)の利用料金

ここでスパの料金について書いておきます。

まずは、料金表の写真をご覧ください。

舞浜ユーラシア温泉料金表

 

平日大人 : 2,060円
平日小人 : 1,030円

土日祝日大人 : 2,570円
土日祝日小人 : 1,540円

 

AM5:00~AM9:00間での朝風呂料金は安くなっていて、深夜や岩盤浴は追加料金が必要となっています。

また、料金表には載っていませんが、簡易宿泊できる施設もあり、スパ利用料金にプラス1,540円で利用することができます。

また、岩盤浴やアカスリなども別料金を払うと利用できます。

 

スパ(温泉)施設の入り口や館内着

 

スパの入り口はチェックインカウンターの左にあり、ここで靴を脱ぎ ロッカーに入れます。

 

舞浜ユーラシアスパ入り口

 

靴をロッカーに入れてから、上の写真の右側にあるエレベーターの前に設置されている棚から館内着を自分で選びます。

サイズが書かれていて、自分に合ったものを選ぶシステムになっていました。

舞浜ユーラシアスパ館内着

 

 

温泉とレストランのあるフロアが行き来自由

館内着を手にしたら、温泉のある4階に移動します。

 

フロア案内の掲示板があるので写真を貼っておきます。

舞浜ユーラシア

 

舞浜ユーラシア

 

スパを利用する人は、館内着のまま、4階と5階を自由に行き来でます。

お風呂に入り、食事もすることが可能なのは、スーパー銭湯と同じですね。

 

温泉にはタオル・バスタオルは歯ブラシなどが常備

 

更衣室には、タオル・バスタオル・歯ブラシ・カミソリなど、自由に使えるものが更衣室(ロッカールーム)置いてあり、使ったタオルは使用済みの箱に入れるようになっています。

洗い場にはボディーソープ・シャンプー・コンディショナーが完備されています。

ということは、手ぶらで行っても温泉に入ることが可能なのです

 

温泉は屋内と露天、サウナ、ジャグジーなどがあり、屋外の露天風呂には「かけ流し」の湯船もありました。

泉質は「ナトリウム-塩化物強塩温泉」となっていて、少し茶色がかった色をしていて、塩の味がします。

温泉の写真は撮れないので、オフィシャルホームページをご覧くださいね。

 

フリースペース(休憩室)も完備

 

お風呂から一旦出て(無料で)休憩できるフリースペースも完備されています。

温泉は4階ですが、休憩室は5階にあります。

 

舞浜ユーラシアフリースペース

 

舞浜ユーラシア休憩所

 

無料で利用できるフリースペースは、あまり広くなくて、寝ころべるスペースはほぼありません。

コメントをいただき、(有料)岩盤浴コーナーの手前に、広い寝ころびスペースや個人用ソファーが設置されているそうです。

訂正しておきます。

 

レストランのメニュー

 

休憩室がある5階には レストランがあり、館内着のまま食事をすることが可能です。

 

舞浜ユーラシアレストラン

 

メニューの写真も撮ってきたので一部載せてみます。

舞浜ユーラシアレストランメニュー

 

舞浜ユーラシアレストランメニュー

 

舞浜ユーラシアレストランメニュー

 

舞浜ユーラシアレストランメニュー

 

今回は食事をしなかったので、味のレポートすることはできませんが多くの方が利用されていました。

 

温泉とは別の場所に足湯

 

レストランの横にテラスがあり、そこに足湯が設置されていました。

 

舞浜ユーラシア足湯

 

舞浜ユーラシア足湯

 

足湯は屋外テラスにあり、テラスに出る扉の前にはタオルが置かれていて、自由に使うことができます。

舞浜ユーラシア足湯タオル

 

スパを利用すると駐車場が5時間無料に

 

車で行く人にありがたいのが、温泉を利用すると、5時間無料になること。

 

舞浜ユーラシアスパ料金表

 

このシステムが「リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」でも採用されると、車で行くことがきっと増えると思います。

 

 

まとめ

舞洲ユーラシアのスパのシステムや料金がそのままリーベルホテル・アット・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで流用されれば、という前提で、まとめを書いてみます。

 

まずは利用したいと思わせるメリットと言える点を書いてみます。

 

  • 平日であれば、クーポンを利用すれば1,500円
  • タオル、シャンプーなどが完備なので、手ぶらで行ける
  • 駐車場5時間無料
  • 電車利用だと桜島駅の真ん前

 

このように書いてみると、かなり魅力的です。

おまけに、食事も出来て、眠たくなったら仮眠室(別料金)もある。

 

次に『ここはなぁ』と思わせるデメリットを挙げてみます。

オフィシャルホテルの中ではUSJまでの距離が遠い

 

まだ開業前なので、このような面しか考えられません。

 

 

じゃらんで舞洲ユーラシアの客室を調べると、総客室数は289となっています。

一方、リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは760(予定)。

 

客室だけで判断すると、倍以上の規模です。

となると、スパだけの利用もOKとなると、温泉が混雑しすぎるのでは? とも思えます。

これはお風呂だけを利用したい場合、デメリットになるかもしれません。

 

どのようなシステムであれ、スパだけの利用者と宿泊者ではメリット・デメリットは必ずあると思います。

それはそれとして、日帰り温泉が利用できるホテルであってほしいと思っています。

 

コメント

  1. nana より:

    はじめまして、こんにちわ。
    いつも楽しくブログを読ませていただいてます。

    私はよくユーラシアを利用してますが、無料の仮眠室はありますよ。
    5階のレストラン奥、有料の岩盤浴の手前に広い寝ころびスペースやパーソナルテレビ付の個人用ソファーエリア、女性専用の仮眠室もあります。
    次回行かれた際には是非見てみてくださいね!

  2. USJ与太話管理人 より:

    >nanaさんようこそ♪
    ありゃ
    無料の仮眠室があるんですか。。。

    岩盤浴の入り口は確認したのですが、そこは有料スペースしかないと思い、入りませんでした。

    情報ありがとうございます。
    訂正します。