スポンサーリンク

ハリーポッターの人気の魔法の杖、マジカル・ワンドはセンサータイプの杖なのです

映画の世界を忠実に再現した「ハリーポッターエリア」。

この中に、魔法の杖の専門店、「オリバンダーの店」があります。

 

ここでは、ショースケジュールに載っていない短いショーのようなものが行われています。

 

そのショーでは、「ハリーポッター賢者の石」の映画の中で、杖がハリーポッターを選ぶシーンを再現しているのです。

 

その様子をブログで紹介しています

杖の番人と一緒に「杖が魔法使いを選ぶ」体験は、ショースケジュールには載っていません
先日、小学校低学年の二人の子供さんと一緒にUSJに行くという人から、どのように回れば良いのかと相談を受けました。 これまで何度か行っている方で、絶叫系の乗り物はNG。 でも、ミニオンハチャメチャライドには乗りたいのでエク...

 

この短いショーを観終わると、杖を販売しているところに出ていきます。

 

ここでお土産を見ているとき「no sensor no sensor」という言葉を、クルーが何度も口にしているのを聞きました。

 

海外からの観光客に説明をしていたのですが、それを聞いたとき『ソーカ ソーカ』センサー付き、センサー無タイプという説明をしているのか、と、一人で納得していたのです。

 

 

「魔法の杖」には2種類あります。

その2種類は、このようなネーミングで販売されています。

 

マジカルワンドとオリジナルワンド

 

マジカル・ワンド 4900円
オリジナル・ワンド 4500円

 

この2種類は

ハリーポッターの杖
ハーマイオニーの杖

などなど
同じ種類の杖が販売されています。

 

価格の差は、先に書いた「センサー」があるかないか。

この差なのです。

 

 

では、二つの違いを見てみましょう

まずはオリジナルワンド(センサーなし)から↓

 

オリジナルワンド

 

オリジナルワンドの先端

 

 

次にマジカルワンド(センサーあり)を

マジカルワンド

 

マジカルワンドの先端

 

ご覧のように、センサータイプのほうは、先端が丸くなっていて、何やら仕掛けがしてあるような作りになっています。

 

スポンサーリンク

ワンド・マジックを体験するにはマジカルワンドが必要

ハリーポッターエリアのアトラクションで『ワンド・マジック』とうものがあります。

 

これは、ハリーポッターエリアの特定の場所で、呪文を唱えながら杖を振ると、魔法を使えるというもの。

 

ここで必要なのが、「センサーのついた杖」なのです。

言い換えると、ワンド・マジックのアトラクションを体験するには「センサー付きの杖」が必要だということです。

 

この二つは箱に違いがあります。

キラキラしているのががマジカルで、つや消しがオリジナルです。

 

下の写真はハリーポッターの杖が入っている箱です。

杖を選ぶとき、間違わないようにしてくださいね。

オリジナルワンドとマジカルワンド

 

コメント