スポンサーリンク

USJで濡れるアトラクションのランキング ベスト3

 

蒸し暑さが増してきた大阪。

 

これくらいの気温と湿度になると、クーリングのために濡れてもいいかな。という気分になってきます。

 

 

ユニバーサルスタジオジャパンには、濡れるアトラクションがいくつかあり、時には、頭からびしょびしょになることがあります。

 

冬場は濡れる事に躊躇しますが、暑くなると、むしろ濡れたいと感じる人もいると思います。

 

 

そんなことで今日は、ベタな話ながら、USJで「濡れるアトラクションランキングベスト3」を書いてみます。

 

いきなりランキング発表をしたいところですが、どのアトラクションにおいても、座る場所によって「濡れる程度」大きく左右されます。

 

平均値というのがあれば良いのですが、それを示すのはとても難しいので、最大に濡れた場合を想定したランキングとします。

 

 

まずは第3位!

ジョーズ

ジョーズ

USJのアトラクション、ジョーズを紹介しています
USJのアトラクション、ジョーズを紹介するページ。ファミリー度指数や濡れ具合などを説明しています

 

濡れるタイミングは、ジョーズが出てくる場面です。

ジョーズが出てくるのがライドの左側が多いため、左に乗った場合に濡れることが多くなります。

 

 

第2位

ジュラシック・パーク・ザ・ライド

ジュラシックパークザライド

USJのアトラクション、ジュラシック・パーク・ザ・ライドを紹介しています
USJのアトラクション、ジュラシック・パーク・ザ・ライドを紹介するページ。ファミリー度指数や濡れ具合などを説明しています

 

乗り物で一番濡れるのは、このアトラクションです。

濡れるタイミングは、最後のスプラッシュダウンの場面。

ライドの両端に乗った場合、濡れ方がひどくなります。

真ん中にいくほど濡れにくくなるものの、どこに座っていても、必ず濡れます。

 

 

第1位

ウォーターワールド

ウォーターワールド

USJのアトラクション、ウォーターワールドを紹介しています
USJのアトラクション、ウォーターワールドを紹介するページ。ファミリー度指数や濡れ具合などを説明しています

 

ウォーターワールドの場合、座る場所によってはほぼ濡れません。

しかし、濡れるところに座ると、頭からという程度ではなく、下着までビショビショになります。

濡れやすいのは最前列。そして、シアターのセンターに近いほど濡れる可能性が高くなります。

 

 

スポンサーリンク

濡れたくないなら、ポンチョやカッパが必要です

このベスト3のアトラクションで濡れたくない人は、事前にポンチョやカッパで対策をしておきましょう。

 

アドバイスとして書いておきますと、ジュラシックパークザライドとジョーズに関しては、椅子をつたってお尻が濡れる場合があるので、十分な防備をするのであれば、丈の短いポンチョではなく、カッパの着用をオススメします。

 

カッパは、ユニバーサルシティ駅に近いローソンでも購入可能です。

 

 

ジュラシック・パーク・ザ・ライドとジョーズは乗り物で、ウォーターワールドはショーという違いがあるので単純な比較はできないのですが、先に書いたように、最大に濡れた場合ということでランキングをしてみました。

 

このほかにも、湿ったり、水しぶきのかかるアトラクションがありますが、「濡れる」というほどではないので取り上げませんでした。

 

 

コメント