スポンサーリンク

ホテル京阪ユニバーサルタワーとパークフロントホテルの境界にある塀

ホテルの境界にある塀 USJの外の話

USJの最寄り駅、ユニバーサルシティ駅の構内を出ると、左にホテル京阪ユニバーサルタワーがあります。

 

USJに向かうには、京阪ユニバーサルタワーの角を左に曲がって進んでいきます。

 

その角に、ホテル京阪ユニバーサルタワーとパークフロントホテルの境界があり、そこに、常々邪魔に感じている塀があるのです。

 

ホテルの境界にある塀

 

これは、土地の境界を示すものだと思うのですが、なぜこのように作ったのか謎なのです。

 

JRを使ってパークに行き来する人のほとんどは、ここを通ります。

 

となると、このようなルートを通ることになります↓

 

ホテルの境界にある塀

 

この塀があることで通路が狭くなるため、この角で、人の流れが滞るようなこともあるのです。

 

下の写真で示したオレンジの導線で動くのがスムーズなのです。

 

ホテルの境界にある塀

 

オレンジの導線で動きたくとも、塀が邪魔で動けないのです。

 

スポンサーリンク

塀のあたりで何かの作業が行われている

 

このブログを書くキッカケになったのは、この(ワタシは邪魔だと感じている)塀のあたりで、何かの作業が行われていたから。

 

ホテルの境界にある塀

 

最初に見たとき、ひょっとして、塀を撤去するのかな?

と思ったものの、真相は分かりませんでした。

 

 

で、先週のこと、シティウォークで食事をしてから、駅に向かうとき、作業の様子が見えました。

 

 

この様子を見たとて、どのような作業が行われているのかは分かりません。

 

ただ、今週見た様子と比べると、本当に塀が撤去されるのではないだろうか、という予感が強くなっているのです。

 

ホテルの境界にある塀

 

先週、塀の基礎部分を削っているように見えた部分が、今週は平らになり、側溝を作っているように見えるのです。

 

これで、モニュメントのような柱がなくなれば、通路が広くなり歩きやすくなるんですが、果たしてどうなるのか?

 

 

コメント