グラマシーパークのショー設備が残っているのはなぜ?

グラマシーパークの仮囲い USJ 雑文
スポンサーリンク

グラマシーパークに仮囲いが出来ていて何かの作業が行われています。

この作業は、クリスタルの約束の特別鑑賞エリア、そしてショーで使う照明などを設置していた設備の撤去だと思っています。

しかし、それだけじゃないのか? と思うことがあるのでブログを書いてみます。

 

1月2月はメンテナンスが行われる期間

USJでは、1月から2月にかけての閑散期に、アトラクションのメンテナンスが行われるのが通例になっています。

また、パーク内のいたるところで設備などの改修やメンテナンスが行われることも多いのです。

グラマシーパークで行われている作業も、メンテナンスも含んだ作業の一つかもしれません。

 

グラマシーパークの仮囲い

 

この仮囲いが出来たのは、クリスマスのナイトショー『クリスタルの約束』の舞台撤去が始まったのと同じくらいのタイミングで始まっています。

『クリスタルの約束』の舞台撤去について、2020年1月29日にブログを書いています。

 

舞台設置は日数がかかるけど撤去は早いのです クリスタルの約束の舞台がなくなりました
季節のイベントが終わると、次のイベントに向けての準備が始まります。 そして、必要がなくなったものは撤去されます。 撤去というと、前向きな変化ではないものの、しょっちゅうパークに行くと、そんな過程を見るのが楽しかったりするんです。 もう...

 

このブログの中で、舞台設置は日数がかかるけど撤去は早いと書いています。

しかし、『クリスタルの約束』の特別鑑賞エリアは、舞台より作りが簡素なので、撤去は早いはずなのですが、依然として囲いが残っているのです。

 

気になるのはショーの設備が残っている事

この様子を眺めていて、気になったのは、鑑賞エリアの後方にあった舞台に照明をあてたりするための足場がまだ残っていること。

 

足場

 

もう、2月も半ばなので、何かの目的があって、残しているんじゃないのか?

そんなふうに感じたのです。

 

春は大掛かりなショーなどが無い様子なので、この設備を続けて使うことはないだろうと予想しています。

なのに、なぜ、この設備を残す必要があるのか?

 

設備が残っている理由は?

頭に浮かんだ仮想は、今年、2020年に開業するニンテンドーワールドに関することです。

そのオープニングイベントがグラマシーパークで行われるのではないか?

 

ニンテンドーワールドの中を見ることは、当然できないので、あくまで予想ですが、ニンテンドーワールドのイメージイラストなどを見ていると、イベントが行えるような広場のようなものは無いように見えるので、こんなことを考えました。

 

あと一つ考えたことは、希望と言えるものです。

春以降に行われるショーかパレードで使用されるんじゃないか?

 

設備が残っている状況を眺めながら、そんなことを想像したのでした。

 

では、今日はこれまで♪

 

コメント