スポンサーリンク

ウォーターサプライズパレード360度ビショ濡れエリアで飛んでくる水の量や規模は?

360度ビショ濡れ特別エリア USJ ショーとパレード

夏イベントが始まったのに、大阪は曇り続きで夏らしい空がほとんど見られません。

でも、USJはビショビショになって夏イベントを楽しむ方で賑わっています。

360度水(USJの言葉)

2019年の昼のパレード、ウォーターサプライズパレードでは、「びしょ濡れエリア(ウェットゾーン)」が4ヶ所設定されていて、このエリア内ではエンターテイナーと水のかけあいをします。

 

4か所ある最後の「びしょ濡れエリア(ウェットゾーン)」で最後にあるのが、グラマシーパーク。

このグラマシーパークの中央部分は「360度ビショ濡れ特別エリア」という有料エリアになっています。

 

360度ビショ濡れ特別エリア

 

ここはパレードが到着するまでショーが行われるのと同時に放水が行われます。

パレードが到着するまでに、ビショビショになる方もするくらいの放水量となっています。

パレードが到着すると、中央部分だけで行われていた放水が、無料エリアとなる周りで見ているゲストのほうにも放水が始まり、グラマシーパークの周りにある歩道にいるゲストに向けての放水が行われ、その際、建物に設置せれたスプリンクラーの放水も行われるのです。

 

360度ビショ濡れ特別エリア

 

平面の写真だと分かりにくいですが、グラマシーパークの中央部分を中心として、矢印の放水方向を説明してみます。

 

青 後方

360度ビショ濡れ特別エリア

 

黄色 左

360度ビショ濡れ特別エリア

 

赤 前方

360度ビショ濡れ特別エリア

 

黄緑の右方向は、分かるような写真が撮れませんでした(^▽^;)

 

このように、前後左右からの放水があり、水から逃げられません^^

 

どのような水量なのかも写真でお見せしましょう。

 

放水前の状況

 

放水後

 

放水前はクリアに見えていたキティちゃんが乗っているフロートが、放水後は白くぼやけています。

これは、放水された水のしぶきで霞んでいるのです。

歩道部分に隠れる場所はないので、濡れたくない人は、近づかないほうが良いでしょう。

 

最後に、初めてウォーターサプライズパーティーを見ようと思っている方に一つアドバイスを。

防水目的のため45リットルのゴミ袋を何枚か持っていくと重宝すると思います。

そして、午後3時から入れるトワイライトパスではパレードは見られないので注意してくださいね。

コメント