ウォーター・パレードでレンズの曇り止め

シェアする

ユニバーサル・ウォーター・パレードの写真を撮るときの
大敵はレンズの曇りなんです。

3回あるウエットゾーンのうち、1回目でカメラに水にかかって
しまうと、2回目が始まる頃にフィルターの内側に水滴がつくような
曇りが発生することがあります。

かけられた水の量によっても変わってくるのですが、
ワタシのような防水加工をしていると、フィルターをはずすとなると
けっこう大変なんです。

それで!
格安で曇りを防止する方法をお伝えしましょう。
100均ショップの大手「ダイソー」に、メガネの曇り止めがあります。

それがこれ↓
レンズの曇り止め

100均の曇り止めでも効果があるとの噂を聞き、レンズの曇り止めとして
さっそく試してみました。

使用方法はこんな感じ。
まずフィルターをはずし、フィルターの中側にこのスプレーをシュッと
ふきかけ、ティッシュで伸ばします。
(直接カメラのレンズにはかけないほうがイイと思います)

あとはこんなふうに防水加工をします↓

ビデオとカメラの格安防水加工

この方法で、1回目と3回目のウエットゾーンにてカメラに水にかかりましたけど、
パレードが終わるまで曇りは発生しませんでした。

最初のほうに書いたように、かかった水の量にも関係すると思いますので、
完璧な曇り止めとはならないでしょうが、100円でこの効果なら、
ワタシ的には納得であります。

スポンサーリンク

フォローする