スポンサーリンク

ハリーポッターエリアに時折出てくるフクロウ

USJ ショーとパレード

ハリーポッターエリアに入ってすぐの所に、壁に時計がかかっている建物があります↓

07_14d.jpg

07_14e.jpg

この屋根の下は吹き抜けのようになっていて、建物の梁にフクロウが羽を休めています↓

07_14b.jpg

07_14c.jpg

このように書くと、本当にフクロウがいると勘違いする人がいるかもしれませんね。

フンの後があったり、時折動いたりと、よく出来ているんですが、実はこれは作り物でして、映画の中で、フクロウが手紙を運んでくるシーンを彷彿させるものになっています。

でも、時折、こんなフクロウが出てくるんです↓

07_14g.jpg

これは本物のフクロウ。

ワタシが見ている限り、出てきて何かするわけではなく、ゲストと一緒に写真を撮るだけ。

それだけなんですが、動物が出てくることが嬉しいんですよね。

ユニバーサルワンダーランドの前身であったラウンド・オブ・オズには、トト&フレンズというショーがありました。

このショーではたくさんの動物が出てきたんですが、ラウンド・オブ・オズがなくなって以降、動物が出てくるのは珍しく、現状はココだけのイベントとなっています。

最近は、USJに行くたびにハリーポッターエリアに行くことはないので、この日、たまたま見ることができました。

フクロウの読みを「不苦労」として、土産物にしている所もあるので、最近は、見れたらラッキーだと思っています。

07_14f.jpg

コメント

  1. コイデ より:

    こんにちは。

    フクロウは、4種類ほどいるそうです。
    わたしは、今までに3種類の写真撮影ができています。
    あと1種類なのですが、これがなかなかお目にかかりません。て言いますか、どんな種類なのかわかっていませんけどね。(笑)
    でも根気よく頑張ってみます。

    今日、ハロウィーンの概要の発表がありましたね。
    今年は、毎日開催されるそうですよ。

  2. USJ与太話管理人 より:

    >コイデさんようこそ♪
    4種類もいるんですか!
    前に撮った写真と見比べてみます。
    そういえば、白っぽいのもいたような気がしますが、どこかで見たのとごちゃ混ぜになっているのかもしれません^^

    ハロウィーンの概要見ました。
    マジパレが終わったことにより、毎日開催がしやすくなったのかもしれませんね。

    それと、昨年までのテレビコマーシャルでは、開催日が決まっていることが、ちゃんと伝わっていないように思っていたので、ゲストの混乱はなくなると思います。

  3. popular より:

    こんにちはー
    私も同じこと思いましたー!
    ロボットだけでなく実物も出てくると、魔法界のリアル感が増しますよねー

    私はこのエリアのストリートショー(トライウィザード)で、リボン演技を久しぶりに見ました
    エメラルドシアター以来かな?パークで本格的なリボン演技を見るのは…
    色んな思い出がよみがえりますね…!

  4. USJ与太話管理人 より:

    >popularさんようこそ♪
    フクロウって、本物でもあまり動かないので、区別がつきにくいかもしれませんんね^^

    ワタシはハリーポッターエリアのショーをずいぶん観ていませんが、エメラルドシアターとダブらせた話を読んで、グリーンの世界が頭の中に広がり、グリンダとエルファバの歌声が思い起こされました。

    時間を見つけて観にいくことにします♪