USJのウィケッドと劇団四季ウィキッドとウィキッドの原作

シェアする

ユニバーサル・ワンダー・クリスマスが始まっている今、
まだパークに足を運べないため、その『間』を埋めるため、
四苦八苦しております

という事情から、今日は

1.先日観てきた劇団四季のウィキッド
2.USJのウィケッドと
3.ウィキッドの原作

以上の差について書いてみたいと思います。

ウィキッドの大阪公演が始まって約1ヶ月。
まだ観ていない方も多いかと思いますので、ネタバレになることも考え、
ネタバレしてもいいよ。という方は、続きは以下の『続きを読む』をクリックして
読んでください。

まず、USJのウィケッドと劇団四季のウィキッドの差について。

これについては多くを語る必要はありません。
基本的に四季のウィキッドを基にしてUSJのウィケッドが作られていると
言って良いかと思うので、四季ウィキを見ると、USウィケがよく分かる。
と言えます。

特に、USJのウィケッドを観て、話の流れがよく分からない…
という方は、四季のウィキッドを観ることをオススメします。
前後の脈絡も分かるし、音楽もUSJで聞きなれたものが流れますので、
親近感を抱いて観ることができるかと思います。

9月29日のブログで書いたように、ワタシはウィキッドの原作を読んでから
四季を観にいきました。

ただ、話の結末はミュージカルで知ろうと思い、下巻の半分程度まで
読んだところで本を閉じました。

そして大阪四季劇場で、初のウィキッド観覧。

始めはとっても見やすかったんです。
たまたま前の席の方がいなくて、舞台すべてを見渡せる好条件!

ところが…

開園時間に遅れて到着された前の席の方が、とっっっても体の大きい人。
舞台の3分の1が隠れてしまうことになり、一転して悪条件に…
四季劇場の椅子の配置は、もうちょっと考えてほしいな。
と思ったのです。

それはさておき、話の流れでございます。

ハッキリ言いますと、原作とミュージカルは別物です。
おおまかなストーリーは合っているるものの、所々でまったく別の流れになっていまして、
ミュージカルを観終わってから読み終えた原作とは結末も違っていました。

具体的に少しだけ書きますと、USJの舞台でも演じられている、
サルたちに飛ばす呪文をかけるシーンがありますけど、
原作では、エルファバが外科手術をして鳥の羽をサルに移植するんです

そして四季ではグリンダの主人となっているフィエロは、グリンダと
結婚するのではなく、四季には出てこない女性と結婚しています。
更に言うなら、グリンダも違う人と結婚している。。。

原作に忠実なものを求めるなら、観ないほうがいいぐらいに話の流れが違っているんです。

その他にも原作との違いはたくさんあるんですけど、原作のドロドロした部分を排除し、
ハッピーエンドになっているのがワタシは嬉しかった。

観終わってから、劇場を後にする気持ちがハッピーでいられるのがイイ。

3つの差についてもっと詳しく知りたい方は、ご自身で本を読み、四季のウィキッドを観て
確かめてみてくださいませ。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. . より:

    USJのウィケッドが2006年7月~
    四季のウィキッドが2007年6月~
    なので四季を基にしたというのは語弊がありますね

  2. . より:

    USJのウィケッドが2006年7月~
    四季のウィキッドが2007年6月~
    なので四季を基にしたというのは語弊がありますね

  3. . より:

    USJのウィケッドが2006年7月~
    四季のウィキッドが2007年6月~
    なので四季を基にしたというのは語弊がありますね