スポンサーリンク

USJに入ってから購入できるハンディ扇風機・扇子・帽子などの熱中症対策グッズ

 

大阪は先日、梅雨明けが発表されました。

 

それに合わせるように蝉が鳴き出し、いよいよ夏本番を感じます。

 

大阪の暑さは全国でも有数です。

そのため暑さ対策が重要になってきます。

 

暑さ対策はパークに入る前にすることが基本となりますが、今日はパーク内で購入できる暑さ対策グッズを紹介してみます。

 

 

ハンディタイプの扇風機

ハンディタイプの扇風機

 

ミニオン・スヌーピー・ハローキティ、この3種類が販売されています。

価格は2000円ほどでした。

 

扇子やうちわ

 

USJで販売されている扇子

 

ここではスヌーピーとミニオンのセンスが販売されていました。

価格はそれぞれ1600円で販売されています。

 

こんな「和」のグッズは海外の観光客にも人気なのではないかと思います。

 

フード付きタオル

 

これは、夏のUSJの定番グッズで、帽子代わりの日よけと、タオルを一緒にしたようなものになっています。

 

フード付きタオル

 

これを使っている方がパーク内でたくさん見かけます。

ミニオンタイプが3500円、その他は3300円程度で販売されています。

 

 

ルフィの麦わら帽子

また、帽子もたくさん販売されています。

帽子は大人用と子供用の両方が販売されています。

 

USJで販売されている帽子

 

キャップもイイですが、今なら見た目も涼しげなルフィの麦わら帽子も良いと思います。

 

ルフィの麦わら帽子

 

 

水を霧状に出すスプレーファンもオススメです↓

ユニバーサルスタジオジャパン 夏のお土産の定番「スプレーファン」と「ビーチサンダル」
USJ ユニバーサルスタジオジャパン夏の定番のお土産、スプレーファンとビーチサンダル2018年版。スプレーファンはミニオン・キティ・スパイダーマンの3種類。ビーチサンダルも当然ミニオンタイプが販売されています

 

スポンサーリンク

気分が悪くなったら救護室に

パーク内は日陰があまりありません。

 

また、アトラクションの中には待ち時間を過ごす場所が屋根のない屋外というものもあります。

こんな理由でも、暑さ対策が対戦になってきます。

 

 

真夏はまだ始まったばかり。

 

USJに入ってから気分が悪くなったら、まずは冷房されているショップやレストランで休憩することを優先して、それからこれらのグッズを使い、暑さ対策をしてください。

 

それでもダメな場合は、USJの入場ゲートを入ってすぐ右側にある救護室に行くことも頭に入れておきましょう。

 

USJの救護室はパークに入ってすぐのところ

コメント