今週のマリオ任天堂ワールドの工事の進み具合

クッパ城の角が銀色に光る スーパー任天堂ワールド
スポンサーリンク

天気が良い日にUSJに行き、工事が進む任天堂ワールドの様子を見ると、クッパ城の角が銀色に光る様子を見ることができます。

 

クッパ城の角が銀色に光る

 

曇っていたり、雨が降っているとつや消しのような色に見えます。

でも天気が良いと、角の部分だけ光るような色をしているのが分かるのです。

 

そしてもう一つ、動く雲がある建物の様子をお伝えします。

といっても、大きな変化はなく、白いものが移動していたのが確認できただけです。

 

まずは先週の様子をご覧ください。

 

四角の黄色いみのの左に丸いものが3つ並んで見えます。

この3つが、今週はどうなっていたか↓

 

 

縦に並んでいた丸いものが、今週は横に並んでいます。

コインのようにも見えるんですが、色が白いので違うかもしれません^^

 

そして、雲の位置が左に寄っています。

 

 

マリオの任天堂ワールドのグランドオープンは、オリンピック前ということです。

オリンピックの開会式は2020年7月24日です。

その前に開業ということは、約5か月しかありません。

 

工事の進み具合が順調なのか遅れているのか分からないので、関係者の気持ちは

5か月しかない

まだ5か月ある

どちらか分かりませんが、ともかく、あと5か月後にはオープンしているでしょう。

 

今日紹介したように、外から見える様子が少しずつ変化を続けているので、オープンまで観察を続けようと思っています。

 

 

※ここから追記です

任天堂ワールドの開業に向けて一つ気になるのはコロナウイルスです。

テレビやネットの情報を見ていると、一日数千件の検査をしている国があるのに対し、厚生労働省のHPに出ている検査実施人数を見ると、クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」の検査を除き、これまでの合計が、たったの(2020/2/25)1846人です。

 

新型コロナウィルス検査実施人数

 

繰り返しますが、一日の検査数字ではありません

コロナウイルスが問題になってから少なくとも1か月は経っています。

その間、たった1846名しか検査していないなんて、信じられません。
(※ダイヤモンドプリンセス号の検査人数は延べ3,894名なので、合計しても6000人弱です)

検査できる施設はたくさんあると言われているのに、なぜできないのか?

重症化する割合や致死率は低いという数字はあるものの、治療方法のない、見えない相手に対する策としては、あまりにお粗末だと感じます。

 

あまり時事ネタに触れないのですが、あまりに気になったので書かせてもらいました。

 

コメント