新型コロナウイルスでUSJの混雑はどうなっているのか?

入場ゲートコロナウイルスの影響は USJ 待ち時間・混雑情報
スポンサーリンク

厄介な新型コロナウイルスが世界中で問題になっています。

人が集まるスポーツや文化系のイベントが中止になるなど、ニュースやSNSで見かけることが多くなっています。

 

テーマパークでは、サンリオピューロランドが、2月22日(土)から3月12日(木)までの間、臨時休館を決めましたが、USJでは、現状このような発表はされていません。

 

※追記

2020/2/26、新型コロナウイルスの感染拡大防止を理由に、3月2日から春休みに入るまで全国の小中高校と特別支援学校に臨時休校にする要請を出しました。

ということは、週明けの月曜日から実質、春休みに入ることになります。

感染拡大が目的なので、当然、不要不急の外出を避けるのが前提となるでしょうが、この事がUSJの混雑にどのように影響するのか、見当がつきません。

この件については、来週、状況が分かり次第ブログに書いてみます。

 

そんな中、今日はUSJの現状の混雑具合について書いてみます。

今週、三連休の最終日、8:30 ~ 20:30の営業時間となっていた日の、朝9時過ぎにパークに到着しました。

 

振替休日ということで、この時間なら、チケットブース、入場ゲートともに、行列ができているはずです。

しかし、そんなことはなく、とても空いていました。

 

入場ゲートコロナウイルスの影響は

 

開園時間にたくさんのゲストが並んでいただろうというのは、開いている入場ゲートの数で、おおよそ予想がつきます。

しかし、正式なオープン時間から30ほどしか経っていないのに、入場ゲートの数を少なくする動きが出ていました。

たくさんの人が入場待ちをしていておかしくない時間なのに、入場ゲートで要した待ち時間は一分とかからない程度でした。

 

でも、実は、この程度の混雑状況かも?

と、USJに向かう電車に乗っているときに予想していました。

なぜなら、電車が混んでないかったのです。

 

いつもなら子供連れの家族、海外からの観光客で賑わっている車内ですが、座ることこそできませんでしたが、ゆったりと立っていられる人の数で、かなり少ないと感じていました。

さらには、安治川口駅前にあるタイムズ駐車場に停まっている車が少なく、明らかに空きのほうが多かったことがその理由です。

 

では、実際のパーク内の様子はどうだったのか?

まず、入場ゲートを抜けたところから見るUSJのメインストリートの様子を見てもらいましょう。

 

メインストリートの混雑の様子

 

こうして見ると、けっこう混雑しているように見えます。

しかし、実際に歩いてみると、混雑しているような感覚はなく、歩きやすい状況でした。

 

開園後、一時間ほど経ったタイミングのアトラクションの待ち時間を見てもらいましょう。

 

アトラクションの待ち時間

 

今、一番人気なのがユニバーサルクールジャパン2020関連のアトラクションで、その中の『進撃巨人ザライド』が220分となっています。

この時間だけを見ると、大混雑していると言ってもよい状況です。

 

その次に待ち時間が長いのは【ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドと~バックドロップ~】が60分と100分。

その次は【ザ・フライング・ダイナソー】が80分。

 

この3つのアトラクションの待ち時間を見ますと、そこそこの混雑状況です。

しかし、他のアトラクションの待ち時間は、とても短い状況です。

 

これはどういうこかと説明しますと、パーク内にいる人の数は少ないものの、限られたアトラクションに人気が集中していて、そこだけが長い待ち時間になっているということなのです。

 

乗り物に乗るアトラクションではありませんが、同じくユニバーサルクールジャパン2020のイベントの一つ『名探偵コナン』の登場人物が出てくる体験型のレストラン『名探偵コナン・ミステリー・レストラン』はすべての時間が【SOLD OUT】のでした。

 

名探偵コナン・ミステリー・レストラン

 

混雑しているアトラクションもあるが、待ち時間が極端に短いものもある。

これは、全体的に見ると空いている。そんな状況です。

 

人が集まるスポーツや文化イベント、コンサートなどが次々と中止になっているのを見ると、テーマパークが同じことにならないとは言えないように感じるようになってきました。

恐れすぎる必要はないのかもしれませんが、インフルエンザのように治療薬がない現状を考えると、高齢者を抱えた家族や、持病を持つ人がいる家庭は、自分で守るしかないので、外出を控えるのは致し方ないでしょう。

 

どこまで広がるのか?

検査はちゃんと受けられるのか?

治療方法はいつ見つかるのか?

こんな不安を、一刻でも早く払しょくしてくれるニュースを聞きたいものです。

コメント