ハナミズキの花を見て感じた色々な事

ハナミズキ USJに咲く花
スポンサーリンク

人はいつか人生を終えます。

 

人生を全うして終える事ができれば、何より幸せな事でしょう。

しかし、不慮の事故や予想しない病で人生を終えるのは無念ですよね。

 

志村けんさんが、昨日、亡くなられました。

 

子供の頃から、志村さんにどれだけ楽しませてもらい、笑わせてもらったことでしょう。

自分が大人になり、それなりの年齢になってから見る志村さんは、単なる喜劇人ではありませんでした。

コントではなくフリートークの番組を見ていると、芸能界では大御所なのに年下の芸能人の方にも腰が低く、ご自身のことを「僕」と呼ばれ、丁寧な言葉で接しておられました。

こんな姿勢の大人でありたいと、画面を通して教えてくれていました。

 

マイケルジャクソンさんが亡くなった時、早く死んではいけない人が亡くなったと感じました。

そして志村けんさんも同じく、早く亡くなったらいけない人のお一人でした。

残念で残念でなりません。

 

 

昨日、このニュースを知ったのは、持病のある家族の健診のため、病院に連れて行った時でした。

その病院の玄関わきに『ハナミズキ』が咲いていたのです。

 

曇り空の下咲く白い花を見ていると、USJの中でも、そろそろ咲き始めるころだろうと、パーク内の様子を思い起こしました。

 

今日は、2011年から2019年までパーク内に咲くハナミズキの様子を並べてみます。

 

2011年

ハナミズキ

 

 

2012年

ハナミズキ

 

 

2013年

ハナミズキ

 

 

2014年

 

 

2015年

 

 

2016年

 

 

2016年

 

 

2017年

 

 

2018年

 

 

2019年

ハナミズキ

 

これからハナミズキを見たら、志村さんのことを思い出しそうな気がします。

一日も早く収束してほしいです。

 

コメント