スポンサーリンク

USJクリスマスイベント『クリスタルの約束』の舞台の制作過程

USJクリスマスイベント『クリスタルの約束』の舞台 USJ クリスマス

USJクリスマスイベント『クリスタルの約束』の舞台

ユニバーサルスタジオジャパンのハロウィンイベントは今日で終わり、11月14日から一年の締めくくりとなるクリスマスイベントが始まります。

 

今年のクリスマスは昼のパレードが無いのがとても残念です。

しかし、夜は新しいショーが始まります。

 

新しいショーとは『クリスタルの約束』。

その会場となるのがニューヨークエリアのグラマシーパークです。

 

9月末から舞台の設置が始まり、時折ブログで紹介してきました。

今日は、その舞台の製作過程の変化を紹介してみます。

 

まず最初にクリスマスツリーの設置が始まりました。

クリスタルの約束特別鑑賞エリア

 

9月末、鉄パイプがむき出しになったものが組まれ一部に白い幕がかけられていました。

クリスタルの約束

 

10月に入ると鉄パイプが高く組まれ、両端にスピーカーが設置されていました。さらに、クリスマスツリーが姿を見せました。クリスマスツリーは、昨年までのものと比較すると高さが低いようです。

USJクリスマスイベント『クリスタルの約束』の舞台

 

舞台上にブルーを基調とした背景が描かれたものが設置され、黒いボードのようなものも3つ設置されました。黒いものをよく見るとLEDボードだと確認できました。

USJクリスマスイベント『クリスタルの約束』の舞台

 

LEDボードの周りに丸い縁取りが作られ、照明のようなものが取り付けられました。そして、クリスマスツリーの上には雪の結晶のような素たちをしたものが取り付けられました。

USJクリスマスイベント『クリスタルの約束』の舞台

 

このような変化をした今年の舞台は、エンターテイナーが出演する場所が少なくなっているように見えます。

一方、ゲストに見せる演出は、天使のくれた奇跡ではなかったものを見せてくれそうな予想と、興味を湧き立てる作りになっています。

 

コメント