スポンサーリンク

2018年から2019年にかけて気になったUSJ小ネタブログ

ステージ14 USJ 雑文

 

今日は、正月三日。

といっても、正月っぽい話ではなく、2018年から2019年にかけて気になっていた小ネタを書いてみます。

 

 

すでに発表されている2019年の新アトラクションで、一番楽しみにしているのがスーパー・リアル・ミュージカル・アトラクション『 SING ON TOUR』。

このアトラクションが開催されるだろうと予想しているのがステージ14です。

 

昨年まで下の写真のように建物の周りに足場が組まれ、何かの作業が行われていました。

 

ステージ14

 

 

この足場が一部撤去され、建物の壁が見えるようになっていました。

 

ステージ14

 

外装に大きな変化があるのでは?

と予想していたのですが、ジュラシックワールドの看板があるだけで、特にこれといった飾り付けといいますか、変化はありませんでした。

 

ただ、まだ一部足場が残っているので、何かあるのではないかと楽しみにしています。

 

そして、こちらも昨年何かの作業が行われていたアミティランディングレストランの建物。

 

アミティビレッジ アミティランディングレストラン

 

こちらは、建物全体ではなく一部だけが囲われていました。

 

この足場が撤去され、元通りになっていたので、何か変化があるのかと思い眺めるも、まったく分かりませんでした^^

 

アミティビレッジ アミティランディングレストラン

 

アミティビレッジ アミティランディングレストラン

 

こちらは建物のメンテナンスだったのでしょうね。

 

 

あと一つは、元日に見たジュラシックパークザライドの様子です。

 

ジュラシックパークザライド

 

写真のように、ライドは通常運行されていたのですが、その横に流れているはずの滝の水が流れていませんでした。

ワタシの勝手な推測ですが、大晦日は冷えたので、凍結防止の影響かもしれません。

というのも、元日の午前中、ラグーンでこのようなものを見たからです。

 

ラグーン凍結による足元注意の案内

 

ラグーン凍結による足元注意の案内

 

過去にワタシが見たカウントダウンイベントでは、ラグーンがメイン会場で、ラグーンにせり出した席は有料エリアとなっていたので、このような事はありませんでした。

でも今回のカウントダウンイベントのメイン会場は、グラマシーパークになっていたようで、このようになっていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

最後に一つ気になったことを。

元日、ジュラシックパークの人気アトラクション、ザ・フライング・ダイナソーがボルトが落下したことにより運行を停止しました。

 

その翌日の昨日、1月2日。

ザ・フライング・ダイナソーは通常運行されていました。

もちろん点検が行われた結果、問題がなかったので運行されているのでしょうが、ワタシが調べきれていないのかもしれませんが、運行再開という情報が、サイトやツイッターなどで見ることができませんでした。

 

どのようなことがあり、どのような対処、対応をしたのか、発表してくれるほうが良いと思うんですよね。

 

 

 

 

 

コメント