当たりにくくするのって、これがUSJのやり方か…

USJ 食事
スポンサーリンク

年度末のセールでずいぶん安くなっていたので、先日パソコンを新しくしました。

契約時にウィルスソフトの複数年契約をしていたので、その設定をしようとするも、肝心のソフトが入っていない…

なんで?

と思い調べてみると、そのソフトを、ダウンロードしなくちゃいけないのでした。

最初から入れてて当然やろ。

と思いながらも、仕方がないのでサイトからダウンロードしてインストールしようとするも、今度は、警告が出てインストールできないのです。

2日もかかって調べた結果、ようやくインストールできたものの、該当ソフトをインストールするために、別のマイクロソフトが配布しているソフトをインストールしてからじゃないとできないのでした。

ややこしいことこの上ないこの作業に丸々2日取られてしまい、ブログを書く時間がなくなってしまったのでした(>_< )
てなことで、今日はコメントを頂いたことをネタにして書かせてもらいます。

コメントでよく当たるということを聞いた『メキシカンターキーレッグ』。

リンクしているブログで書いているように、その前で見ていると、二組の当たりを見たのです。

ところがこのブログのコメントに、『WIN(当たり)』の部分が狭くなっているような…

というコメントをもらったので、そんな姑息なことを…

ということを返信したところ、姑息なことをしていると、さらにコメントをもらいました。

さきほど書いたように、パソコンの設定手で困り果てていたので、その確認をしなかったのですが、確認してみたら、姑息でありました。

では、その証明写真を貼ってみましょう↓

4月2日のブログの写真
03_28c.jpg

4月10日のブログの写真
04_06b.jpg

同じ角度で撮った写真じゃありませんが、『WIN』の部分が半分ほどになってますよね。

15周年は「やりすぎ」がキャッチフレーズなので、逆の意味で取れば、当たりにくくしました。という「やりすぎ」演出ともとれますが、これは印象悪いゾ。

これがUSJのやり方かーーーーーーー!

と言いたくなりますな( ̄ε=‥=з ̄)

コメント

  1. コイデ より:

    こんにちは。

    これが、USJのやり方なのかも。と言うよりアメリカ的な経営かも?

    それは、今日から始まります、ハリポタエリアの新アトラクション?にもあらわれていますね。

    新アトラクション「ワンド・マジック」、本当に魔法をかけられると言うアトラクションなのですが、注意事項にこうあります。※ワンド・マジックは、専用の杖「マジカル・ワンド」をお持ちの方のみ体験できます。となっておりまして、次に、※「マジカル・ワンド」は、オリバンダーの店などで販売しています。となっております。

    と言うことでこのアトラクションは、専用の杖を購入しないと体験できないのです。有料アトラクションですね。

    親が子供にねだられたら大変ですよ。

  2. USJ与太話管理人 より:

    >コイデさんようこそ♪
    ワンド・マジックはハリー・ポッターの新アトラクションとなってますが、アトラクションと言っていいのか? と思っています。

    兄弟がいたら、それぞれ1本ずつ…
    ということは十分考えられますから、確かに親は大変ですよね。