スポンサーリンク

15周年のUSJに感じる勢いと、季節の花

USJ 季節の話

15周年のUSJは、今までにない勢いを感じています。

USJにいるとき、こんな感覚になったことはなく、言葉でどう表現してイイのかわかりません。

これまでも、一日に二つのパレードが行われたりして、どれを楽しめばイイのかと、楽しい悩みを持ったことがありました。

でも、その時と感じたワクワク感が、今回は違うのです。

何がどう違うのか、これから分かってくるかもしれないので、分かったときに書くとしますが、一つハッキリしているのは、とても賑やかで華やかなんです。

その分、多くのゲストが来園するため、アトラクションの待ち時間が長いということも起こっていて、それがゲストにとって良いのか悪いのか分からないのですが、ともかく勢いを感じています。

今までにないパワーを感じるUSJですが、これまでと変わらない景色があるのもUSJなのです。

大阪では造幣局の通り抜けが終わると、桜の季節が終わります。

この頃になると、木々から若葉が出てきまして、枝ばかりだった木に鮮やかな緑が目立ってきます。

更に、緑だけではなく花もUSJに彩を添え始めます。

04_13a.jpg

大阪ではゴールデンウィークの頃に満開になることが多いツツジが咲き始めました。

ワタシはツツジの色が好きでして、これを見ただけでウキウキしてしまうのです。

赤も奇麗だし、白いツツジも奇麗なんですよね。

ザ・フライング・ダイナソーの導入により、ツツジがずいぶん減ったのですが、セントラルパークやアミティビレッジにはツツジが残っていて、これからの季節、楽しませてくれます。

04_13b.jpg

コメント