スポンサーリンク

Happyハロウィーン! そして2018年のナイトパレードについて

USJ ハロウィン

 

今日、10月31日はハロウィーン。

 

といっても、ワタシはhalloweenの意味はよく分からないし、子供のころからの馴染みもないので、単に10月31日がハロウィーン当日だという認識です^^

 

てなことを書くと、今日の話を書きそうですが、話は昨日のことです。

ようやく少し青空が見えるUSJに行くことができました。

 

 

今年度のハロウィーンシーズンで、昨日が一番ハロウィーンらしいパークだと感じたのは、仮装している人が多かったためです。

 

よく見るタイプの仮装の人もいれば、ほとんど見たことのない仮装姿の人がいたりして、マンウォッチングをするたけでも楽しそうなパーク内でした。

 

 

そんな中、スゴイ! と思った人たちがいたのです。

 

昨日、ワタシが見た中で一番秀逸な仮装でした。

 

『お~ スゴイ』と思いながら一度通りすぎたものの、やはり撮らせてもらおうと引き返し、写真をお願いしたのです。

 

写真をお願いしたら、快く承諾してくれたのが、この方たち↓

 

 

ブログ掲載の許可をもらえたので貼らせてもらいました。

 

小物としてピラミッドとスフィンクスまで持っている手の込みよう。

これは外してはいけないと思い、構図の中に入れました。

 

USJ内では珍しい仮装だったので、とっても目を引き、通りすがりで見ただけでも、その完成度が分かったのです。

 

手作りの衣装だとしたら、時間かかってるだろうな、と思います。

 

 

仮装をしている人に、何の仮装もしていないおじさんが、写真をお願いしても良いのか悪いのか、ワタシには良くわかないのと、少々恥ずかしいため、例年、一組程度にしか声をかけられません。

 

声をかけるだけで精いっぱいなので、今回は、こんな背景になってしまったことが悔やまれます。。。

 

 

来年、声をかけることができれば、背景のスッキリした所でお願いしようと思います。

撮影のご協力ありがとうございました♪

 

スポンサーリンク

2018年に新ナイトパレードが登場

昨日は2018年にUSJの新しいナイトパレード『ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード』が登場するというニュースを見ました。

 

 

ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード ~ベスト・オブ・ハリウッド

 

これまでの常識を覆す完全次世代パレード『ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード』2018年に誕生決定!

 

USJ、18年に新たなパレード “ハリー、ミニオン、ジュラシック、トランスフォーマー”を結集!

 

概要だけではどのようになるのか、ハッキリとは理解できないものの、プロジェクションマッピングとパレードが合体したものになるようですね。

投資額が大きいので、期待が高まります。

 

 

サブタイトルに『ベスト・オブ・ハリウッド』という文字が見られるのは、パークの運営がユニバーサル・パークス&リゾーツに変わったからかな?

と感じているとともに、映画の要素を重点にしたような部分が、ちょっとうれしく感じています。

 

このパレードについては、またの機会に思うことを書いてみたいと思います。

 

ランキングに参加しています
下の写真をクリックしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村 テーマパーク

 

コメント

  1. コイデ より:

    こんにちは。

    昨日、行ってきました。
    今年は、ハロウィーンの仮装の聖地としては、静かなハロウィーンとなりました。
    昨年まで行われていました、3,000人ゾンビモブは無し。
    そのためか、報道陣の方々がこられている感じもありませんでした。
    今年は、9月に行われました、ミニオン仮装モブが、最大のイベントだったようですね。

    わたし個人的には、「スカウト・デ・カーニバル」と「パレード・デ・カーニバル」のほうが好きでした。

    それと、グラマシーパークに、新しいステージができましたね。
    ひな壇にはなっていませんでしたね。

    • USJ与太話管理人 より:

      >コイデさんようこそ♪
      仮装の聖地。
      昨年とは仮装しているゲストが少なかったように感じたので、ワタシもこの言葉を今年は使いませんでした。

      天候に邪魔された部分は大きいと思いますが、ミナミの町の賑わいなどを見ていると、仮装した人がそったに流れたのかもしれないとも感じています。

      ワタシも「パレード・デ・カーニバル」のほうが音楽などを含め、ワクワク感を感じましたね。でも、これには慣れもあるのかもと思っています。

      ひな壇になっていないプレミア席は残念でした。
      この様子だと、最前列以外はプレミア感は無いだろうと感じています。