スポンサーリンク

ユニバーサルスペクタクルナイトパレードのフロート

ミニオンのフロート USJ ショーとパレード

今日は、ユニバーサルスペクタクルナイトパレードのフロートについて書いてみます。

 

これまでにも書いてきましたが今回のフロートは

ハリーポッター

トランスフォーマー

ジュラシックワールド

ミニオンズ

と続きます。

 

これらのフロートのいくつかお写真を使って紹介してみます。

 

ハリーポッター

 

ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード

 

ホグワーツ特急は、ちょっと怪しげな雰囲気に見えました^^

 

 

ハリーポッターフロートのエンターテイナー

 

ハリーポッターのフロート

 

ハリーポッターのフロート

 

ハリーポッターのフロート

 

ジュラシックワールド

 

ジュラシックワールドのフロート

 

 

恐竜のフロートに加え、エンターテイナーが乗っているフロートも登場します↓

 

ジュラシックワールドのフロート

 

 

フロートと一緒に歩いているエンターテイナーの中に、赤ちゃん恐竜を持った人もいます↓

 

ジュラシックワールドのエンターテイナー

 

 

トランスフォーマー

 

トランスフォーマーのフロート

 

この映画は見ていないのですが、目を引きました

目を引いた理由は、フロートが進みながら、車から人間型のロボットに変形していく工程を見ることができるためです。

これについては動画を撮ったので貼ってみます。

 

 

ミニオンズ

 

 

 

 

パレードの最後を飾るミニオンのフロートはとても明るくなっています。

 

そして、フロートを彩るエンターテイナーの衣装も煌びやかで楽しい気分にさせてくれます。

 

ミニオンフロートのエンターテイナー

 

ミニオンフロートのエンターテイナー

 

 

この新パレードには70億円という費用をかけたという話です。

 

確かにお金をかけている印象があり、1日の締めとなるパレードにふさわしい仕上がりになっています。

しかし、写真撮影撮影は難しかった…

 

四つのフロートは、一つ一つの光度差が大きく、フロートが放つ光の量が大きく違います。

 

こういう意味で、写真を撮るのが非常に難しくなっています。

 

ワタシはナイトパレードを撮る時、マニュアル露出で撮ることが多いのです。

 

マニュアルの場合、ある程度の光度差であれば安定して撮れるのです。

 

でも、光の量が大きく違う場合、明るすぎたり暗すぎたりということになってしまうのです。

 

今回は初めての撮影だったため、シャッターを切ることに夢中で、画像確認することを忘れていました。

 

このため、分かりにくい写真が多くなってしまったという申し開きをして、今日のブログを終わります^^

 

コメント

  1. コイデ より:

    こんにちは。

    16日プレと17日初日の2日間見てきました。
    16日のプレは、グラマシーパークで、17日の初日は、特別鑑賞エリアで見てきましたが、個人的には、グラマシーパークが良かったです。でも、3時間前から場所取りしました。

    感想は、迫力ありますね。でも、きらびやかさが少なくなったのが残念です。キラキラしているのは、ミニオンのところだけになってしまいました。テーマ上仕方ありませんけどもね。

    それと、報告遅くなってしまいましたが、17日初日のパークのガイド冊子に、ナイトパレードのポストカードが挟まれていました。そのことを19日の土曜日に行く予定をしていた友人に話をしたところ、もう無かったと言うのです。

    これって、初日だけだったのでしょうかね?

    • USJ与太話管理人 より:

      >コイデさんようこそ♪
      プレも観られたのですね。
      私は1時間半前からのスタンバイでした^^

      フロートとプロジェクションのどちらかが目立ちすぎないようにしているように感じますね。そのため、フロートが暗めになっていてるのかと感じました。

      とても作りこまれている感じがあり、迫力はありますよね。

      ポストカードのことは知りませんでした。
      プレの後、一度パークに行っているのですが、ガイドを取ってくるのを忘れていて、その時にあったのか、無かったのか、確認することもできません。。。