アルコール消毒で手が乾燥した時に使えるハンドクリームのお土産

マリオのハンドクリーム USJお土産
スポンサーリンク

空気が乾燥する冬、肌がカサカサになってしまう悩みがある人が多くいます。

乾燥によりヒビ、あかぎれができようものなら、切れた所がジンジンして痛いですもんね。

 

ワタシも手が乾燥して切れてしまうことがあります。

そんな時に辛いのがアルコール消毒です。

傷口にアルコールがつくと、心臓がキュンとなるような痛みがあります。

 

空気が乾燥しているうえに、アルコールで脂分がはがれると、さらに乾燥が進んでしまう悪循環。

あまりに乾燥するときは、トイレに行って手を洗い、保湿したうえですぐにクリームを塗るようにしています。

しかし、いくつかのショップを出入りしてアルコール消毒を繰り返すとすぐにカサカサになってしまうのです。

本音を言うと、ゴム手袋をしていたいのですが、それも何だかなぁ。と思い、実行できていません。

 

アルコール消毒がダメな方はわりと多いため、USJではアルコールに変わるものとして、次亜塩素酸水が用意されています。

パーク内の次亜塩素酸水について、以前ブログを書いています。

アルコールアレルギーがある方に次亜塩素酸水(CELA セラ)の除菌液が用意されています
USJにおける新型コロナウイルス感染拡大予防対策の基本は、アルコールによる手指の消毒と、人と人との距離を空けることになっています。 今日は、感染予防策の基本となっている【アルコール】にアレルギーがある方に向けた対策が行われていたのを見つけ...

 

この次亜塩素酸水は、手につけても、しみて痛いことはほぼありません。

なので、できれば、こちらを使いたいのですが、アルコールを置いているすべてのスタンドに設置されていないため、使えるチャンスはあまりなく、置いてあっても、下の段に置かれていることが多く、使いにくいのも事実です。

 

自分で持っていくという方法も頭に浮かび、いつも持っています。

ただ、目につくところに多くの消毒液が置いてあるUSJ内で、バッグからスプレーを取り出して、シュッとかける姿を見た第三者はどう思うだろう?

変なもの持ってるんじゃないの? と思われはしないかな。

そんなことも考えたりして、パーク内で使うことはほぼありません。

 

アルコール消毒について長々と書いてしまいましたが、今日の本題は、ユニバーサルスタジオジャパンで販売されている『ハンドクリーム』です。

キャラクターがデザインされたものがいくつか販売されているのですが、ニンテンドーワールド仕様のものも販売されているので、そちらを紹介してみます。

 

マリオのハンドクリーム

 

ニンテンドーワールド内では販売されていない、ビクセルデザインのハンドクリーム。

デザインはマリとキノピオとなっていて、香りは二つともフローラルとなっています。

価格は2本入っていて1800円。

 

クリームを持っていくのを忘れたら、ワタシはいつもユニバーサルシティウォークのマツキヨで買うのですが、パーク内でも販売されているのでブログに書いてみました。

 

コメント