スポンサーリンク

バックドラフトは、ハロウィーンイベントの間、デッドマンズ・フォレスト~死の森からの脱出~として運行しています

デッドマンフォレスト USJ ハロウィン

 

バツクドラフトの2018年のハロウィーンでは、デッドマンズ・フォレスト2として運行しています。

そのレポートはコチラ

 

USJの絶叫ハロウィーンイベント『ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2』体験レビュー
2018年絶叫ハロウィーンのイベントのうちの一つ『ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~』。 このイベントは『2』となっていることで分かるように、今年で2回目の開催となっています。 昨年は『デッドマンズ・フォレスト~死の森から...

 

 

では本題に入ります。

ハロウィーンシーズンは、通常のアトラクションがホラーバージョンとして運行しているものがあります。

 

例えばターミネーター2:3Dは

「16:30」まで通常バージョン
「18:00」から貞子バージョン

 

 

以上のように変わりますので、アトラクションを楽しむ場合注意してくださいね。

 

 

このように通常バージョンと変わるアトラクションの中に「バックドラフト」があります。

 

こちらは、ターミネーターのように時間で切り替わるのではなく『終日』まったく違うアトラクションになっています↓

 

 

 

 

このようにバックドラフトは、

デッドマンズ・フォレスト~死の森からの脱出~

というアトラクションとして運行されています。

 

 

このアトラクションを先日体験してきたのですが、館内の写真撮影はNG。

なので、いつものように写真を使ってのレポートが出来ません。。。

 

そんなことで、ごく簡単にアトラクションの流れを書いてみます。

 

まずアトラクションに入っていきますと、通常のバックドラフトと同じ場所で待つことになります↓

 

 

 

ここから先は写真NGです。

 

通常のバックドラフトであれば、モニターのある二つのシアターを経てから、最後のシアターで燃え盛る炎を見ます。

 

でも、デッドマンズ・フォレストでは、二つのシアターで前説を受けた後、(通常は)非常口となっている場所から屋外に出ます。

 

体験する時間でおすすめは暗くなってから

 

屋外に出てから、前説で聞いたミッションを遂行するため、数本に分かれた道を進むことになります。

 

そのルートには木が植えてあり道はクネクネ。

最後のミッションを遂行する場所以外は屋外です。

 

※注意してほしいのは、雨であっても傘を使うことはNGとなっているので、天気が悪い日は雨合羽やポンチョを準備しておきましょう。

 

木が植えられたルートを進むその途中、ゾンビが現れ邪魔をしてきます。

 

ただ、ワタシが体験したのは日中でした。

突如出てくるゾンビに「わっ!」と驚くことはあるものの、明るい中では、怖いとは思えないのが残念でありました^^

 

なので『怖さ』を体験したいなら暗くなってからのほうがオススメです。

見方を変えると、特殊メイクの精巧さを見たいなら日中のほうがイイかと思います。

 

 

そして、個人的に感じたのは、体験するときは一人じゃないほうがイイ。

 

最初はある程度の人数で出発します。

でも、ルートが分かれているところがあり分散します。

 

このアトラクションは「何人単位」で動いてくださいという縛りはないので、ワタシは途中でひとりぼっちに^^

 

 

でも、最後のミッションを遂行するときは若いカップルと一緒になってしまいました(汗)

きっと、あのカップルは、二人だけで楽しみたかっただろうと思うのです。

タイミングでそうなってしまったのですが、悪いことをしました。。。

 

 

この日はチャッキーも20分待ちという短さだったのですが、一人で体験することに寂しさを感じ、入らなかったのでした^^

 

 

 

『デッドマンズ・フォレスト~死の森からの脱出~』は2017年9月9日(土)~11月5日(日)の10:00~パーククローズまでの開催となっています。

ホラーレベルは4
R12指定で小学生以下、未就学児は体験できません。

 

コメント