スポンサーリンク

USJの絶叫ハロウィーンイベント『ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2』体験レビュー

ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2 USJ ハロウィン

2018年絶叫ハロウィーンのイベントのうちの一つ『ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~』。

このイベントは『2』となっていることで分かるように、今年で2回目の開催となっています。

 

昨年は『デッドマンズ・フォレスト~死の森からの脱出~』として運行されていました。

 

昨年の様子はコチラのブログに書いています

バックドラフトは、ハロウィーンイベントの間、デッドマンズ・フォレスト~死の森からの脱出~として運行しています
バツクドラフトの2018年のハロウィーンでは、デッドマンズ・フォレスト2として運行しています。 そのレポートはコチラ↓ では本題に入ります。 ハロウィーンシーズンは、通常のアトラクションがホラーバージョンとして運行...

 

ハロウィーンが終盤になっておりますが、デッドマンズ・フォレストをようやく体験できたのでレポートしてみます。

 

スポンサーリンク

デッドマンフォレストの会場はバックドラフト

 

会場は、普段「バックドラフト」が行われているシアターです。

 

ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2

※ハロウィーン期間中はバックドラフトは運休しています。

 

通常のバックドラフトは3つのシアターを使ったアトラクションです。

でも『ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~』では、2つのシアターで説明をうけたあと、屋外に出るアトラクションとなっています。

紐を持ちながら進むアトラクションではなく、屋外エリアでは、自分たちのペースで進むことができます。

 

シアターに入る前の待ち時間を過ごす間、モニターにニュースが流れます。

 

デッドマンフォレスト2

 

このニュースをよく聞いておくことで、デッドマンフォレストのストリーを理解できます。

何が起こっているのか?

どのような事態が予想されるのか?

ちょっと考えながらニュースを見ておくことで、このアトラクションを、より楽しめることになります。

 

デッドマンフォレスト・シアター内

シアターで説明されるのは以下のようなことです。

ネタバレになるので、以下を読む方は注意してくださいね。

 

1年前、ゲストが住んでいる(と仮定した)町の近くにある化学工場で、謎の爆発が起こり、その影響で狂暴化した生物が生まれてしまった。

その生物はクリーチャーと呼ばれていて、人を襲うらしい。

 

クリーチャーは、秘密裏に収容所に収容されていたのだが、再び爆発が起きてしまい、クリーチャーが収容所から出てしまった。

 

人を襲う狂暴なクリーチャーから逃れるため、住民はその地域を脱出しなければならない。

ただ、脱出できる場所にいくためには、クリーチャーたちが待ち構える森を抜けなければならない。

 

屋内シアターでは、脱出するために必要な、とあるミッションを遂行することを告げられ、暗証番号がモニターに表示されます。

その暗証番号を頭に叩き込んでから、クリーチャーがいる屋外へ誘導されるのです。

こんなストーリーでシアターを出で、外に出ていきます。

 

デッドマンフォレスト・屋外

 

屋外には森があり、森の中ではクリーチャーが出現します。

ルートが途中で分かれているため、多人数のグループであれば、別々の道を進んでも楽しめます。

 

森が途切れる場所で屋内施設に入るのですが、その前に、けっこうな量の液体をかぶります。この液体はクリーチャーに対して防御として必要なもの(この液体のことは実際に体験して理解してくださいね)。

ただし、気温が低い時は寒い思いをすると思うので、寒がりの人はポンチョを着ることをおすすめします。

 

屋内施設に入ってからも、クリーチャーは襲ってきます。

クリーチャーの恐怖から逃れながら脱出するための部屋に進んでいき、ミッションを遂行します。

 

そのミッションを遂行できると脱出できるのです。

 

ミッション遂行して脱出できるか

ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2

 

 

ミッション失敗に終わるか

ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2

 

 

デッドマンフォレストを楽しむコツと注意事項

 

このような体験型のアトラクションとなっている『デッドマンフォレスト』は午前10時からの運行となっています。

USJオープンと同時に入っても、すぐには運行されていないので注意してくださいね。

 

屋外の森の中を進む恐怖を、強く感じたたいなら、暗くなってからのほうがおすすめです。

なぜなら、昼間は、クリーチャーがいる場所が歩いているときに見えてしまうのです。

 

最初にも書きましたが、ストーリーのある脱出サバイバルアトラクションなので、待ち時間に流れているニュースをよく聞いておくことで、シアターでの前説がよく理解できます。

 

最後に注意事項を書いておきます。

シアター内は撮影禁止となっています。

屋外を使ったアトラクションですが、雨が降っても傘をさすことはできません。

雨天の場合はポンチョを着ることがおすすめです。

 

以上、『ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~』のレポートでした。

コメント