スポンサーリンク

ニューヨーク図書館の書き割り近くに咲く赤い寒緋桜と、カルセオラリアの話

USJ 季節の話

赤い寒緋桜とカルセオラリア

この時期、一つ楽しみにしていることがあります。

それを見るために入場ゲートを入ってからまっすぐ直進していきます。

グラマシーパークを通り越した所にあるのが、ニューヨーク図書館の書割セット↓

03_17c.jpg

赤い矢印で示した所を入って行くと、喫煙所になっています。

そこに目当てのものがあるのです↓

03_17d.jpg

ここに寒緋桜が咲いているのです。

今年は嬉しいことに、ちょうど満開になっていました。

03_17e.jpg

花はタイミングがあるので、こんな様子を見られるのはそんなにないのです。

気温が冬に逆戻りしたようなので、しばらく持つかもしれませんが、花を見たい方は、出来るだけ早く行くほうが良いと思います。

今年の花は色が鮮やかです。

03_17f.jpg

カルセオラリア

2月12日のブログで、アミティランディングレストランの植え込みに、珍しい花を見つけたことを書きました。

その時紹介したのが、この花です↓

03_17c.jpg

何という花なのか気になっていたものの、積極的に調べことなく過ごしていまた。

そんな中、たまたま出かけたホームセンターの園芸コーナーで、この花を見つけたのです。

そして知ったのが花の名前。

タイトルにあるように、『カルセオラリア』という花だったのです。

上に貼った写真は2月に撮ったもので、それから1か月以上経過しています。

残念ながら、アミティランディングレストランの植え込みには見つけられなかったのですが、セントラルパーク入り口の花壇で、この花を見つけました。

03_17k.jpg

2月はパンジーのように地面に近い位置で花をつけていましたが、成長すると、このようになるようです。

花の名前を忘れないようにしたいと思うけど、自信がありません^^

ランキングに参加しています
下の写真をクリックしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村 テーマパーク

コメント