スポンサーリンク

ジュラシックパーク・ザ・ライドの入口前の植え込みに、見慣れない大きな植物が植えられている

USJ 季節の話

ザ・フライング・ダイナソーがオープンしたジュラシックパークは、コースターのレールが頭上を通り、さらにネットが張られているため、以前とは景観が変わりました。

また、レールの橋脚が設置されたことで、植え込みの様子も変わっています。

全体的に見ると、植え込みの面積が減り、植え込みの場所が変わっているところもあります。

そんな中にあって、以前と変わらない場所にあるのが、ジュラシックパーク・ザ・ライド入口前の植え込みです。

ここは、場所こそ変わっていないのですが、植えられている植物が変わりました。

まずは以前の様子を写真で↓

05_05g.jpg

正式な名前は分からないのですが、ソテツのような背の高い植物がドーンと植えられていました。

次に、今の植え込みの様子を↓

05_05h.jpg

ソテツのようなものがなくなり、冬ごもりようなのか、布が巻かれた植物が真ん中にドーンと植えられていて、以前と様子が違っているのが分かってもらえると思います。

これに近寄って見てみると、樹皮というより根っこが露出しているように見えるんです↓

05_05c.jpg

何だか気持ち悪いようにも見えるんですが、この植物にも新芽が出ているのを見つけました↓

05_05b.jpg

ザ・フライング・ダイナソーの工事で長期に渡ってクローズされていたジュラシックパークがオープンになったとき、布を巻かれた状態で植えられていたので、ちゃんと根付くのかが気になっていたのです。

新芽を見て、ちゃんと根付いているのが確認できて、ちょっと安心したのでした。

まだツツジも咲いていた

植物絡みで、4月26日のブログでも紹介した大門下のツツジが、まだきれいに咲いていたので紹介してみます。

こちらは写真だけ貼り付けておきますね↓

05_05d.jpg

05_05f.jpg

05_05e.jpg

USJは、今が一番花がきれいな季節です。

コメント