スポンサーリンク

一つ気になると、あれもこれも気になる製造メーカー。一つのチョコと麺三兄弟を調べてみた

USJお土産

自転車に乗っている時に携帯やスマホを見ると摘発の対象になりました。

ワタシね、ずいぶん前からそうなんですが、スマホや携帯を時計代わりに使っていて、走行中に見ることがありました。

こりゃいかんと思い、腕時計を買おうと決めたのです。

いい年ですから、腕時計は持っているのですが、防水のものを持っていないため、10年以上、腕時計をすることなく過ごしていました。

そもそも、腕時計に興味がないので必要としなかったのですが、数年前、仕事を引退した父親に腕時計を贈ることがありました。

使っていた腕時計の調子が悪くなっていたので、タイミング的にも良かったのです。

その際、ソーラー電波時計なるものがあり、メンテンスしなくても時間が合うということを知りました。

今回、ワタシもそのタイプを買おうと思い、お店に行ってショーケースを眺め、カタログをいくつかもらってきました。

帰宅してから品定めをはじめてみると、そもそも時計に興味がないため、いくつかもらってきたカタログで、目が行くのはシチズンやセイコーのパンフのみ^^

知らないメーカー対して価値観を見いだせないというか、安心できないというか、そんな気持ちになっていることに気付きました。

言い換えると保守的なだけですが、時計に興味のないワタシが時計に求めるのは、時間が正確なのと、メンテンスが最小限で済む事。これが満たされればイイと思っていました。

毎日のようにカタログを見ていると、段々楽しくなってきたのです^^

そんなことがあっての先週のことです。

 

このお菓子を作っているのはどんなメーカー?

 

USJのショップを見ていると、暑さに負けたエルモのイラストが書かれているお菓子を発見しました↓

 

お菓子
 

ワタシは直感的に辛いタイプのお菓子なんだと思ったのですが、よく見ると『ベイクド チョコ』と書かれていました。

「チョコなんや…」と思いながら、チョコには不似合いなイラストをパッケージにしたのは、どんなメーカーなんだろうと気になったのです。

箱の裏を見てみた↓

 

製造元
 

このチョコを作っているのは「森永製菓」でした。

こんな大手のメーカーだったことにちょっと驚きました。

一つ見てみると、他のものも気になってくるもので、調べてみたのは「USJの麺三兄弟」のコチラ↓

 

麺3兄弟
 

すぱいだー麺
すぬーどる
セサめん

この3つです。

一つ一つ手に取って確認してみました。

1つ目『お~ なるほど』
2つ目『へぇ~ そうくるか』
3つ目『えっ そうなん!』

となりました(ワタシ個人の感想です)

結論を言うと、3つとも同じメーカーの「日清食品」でありました^^

 

製造元
 

勝手な思い込みで、最初に出た(と思う)スパイダーメンの人気が高いので、他の会社が追随してきたと思い込んでおりました。

でも、結果は3つとも同じ。

どうでもいいことかもしれませんが、大手ということで安心するのは、時計もお菓子も同じなんだと感じた調べものでありました。

 

コメント

  1. もっピー より:

    管理人様へ

    10周年おめでとうございます。

    娘が小学生になり、年パスで平日に気軽にインパできなくなってから、少し足が遠のいてしまいましたが、いつも楽しく、そして懐かしく拝見しております。

    お土産の製造元ですが、今のTDRは記号で表記されて、素人にはどこが作ったのかわからないようになっています。
    こちらもかなり以前は、USJと同じく製造元が表記されていた時代もありまして、昔、妹がTDL土産で買ってきたミッキー柄のクッキー缶の裏に、ユーハイムの文字を発見し、地元やんか!とツッコミを入れた記憶があります。

  2. USJ与太話管理人 より:

    >もっピーさんようこそ♪
    分かります。
    小学生になると休ませにくくなるの^^

    記号で表記って、それは消費者に分からないようにしてると思いますよね。

    ユーハイムの話は吹いてしまいましたが、これはう~ん…
    と唸ってしまいます。
    と思ったので、買ってきたのを調べてみたら、数年前のは販売元はオリエンタルランド。あと、下の方に『ユーハイム』書かれてありました。

    今年のを見たら販売元の表記しかありませんでした。
    ホントですね。

  3. もっピー より:

    管理人さまへ

    わざわざご確認ありがとうございました。
    管理人さまの両方お持ちのようですね(^o^;

    やはりお土産って大切な思い出の品ですから、TDRの記号表記は少しでもがっかりさせない工夫だったのかなと思っています。

    あと、この商品に関しては販売元がまずは責任を持ち対処しますという意味合いもあるのかもしれません。
    万が一、クレームが発生したときに、販売元と製造元があると、どちらに連絡が行くかによって、その後の対処が違いそうですからね。

    しかし、2016年度から食品表示法の制度が変わるので、TDRも製造元を表記しなければならなくなるかもしれません。

  4. USJ与太話管理人 より:

    >もっピーさんようこそ♪
    数年前に買ってきた缶の容器があるので、今年買ってきた缶と比較してみました(笑)

    記号表記は、すべてディズニー色にするためのものだそうですね。
    そう言われると分からないでもないし、不都合があったときは責任をかぶる訳ですから、覚悟も必要だと、後で思いました。

    これはもっピーさんが解説してくれたことをそのまま感じていました。

    こうなると、どっちが良いのか分からなくなってきました^^

  5. コイデ より:

    こんにちは。
    この記事のコメントではなくてすみません。

    妖怪ウォッチ・ザ・リアルの件なのですが。
    体験をするには、小学生以下のお子様をお連れの場合は、「こども整理券」がもらえます。中学生以上の方だけの場合は、こども整理券配布終了後「待ち列に並ぶ」とあります。
    ところが、この「待ち列に並ぶ」なのですが、ちょっと癖がありますね。
    本日のパーク情報を見ますと、昨日は、「一般待ち列のご案内はありません。」となっており、今日は、10時10分の時点で、「一般待ち列の受付は終了しました。」となっております。
    これを見ますと、一般待ち列での体験は、非常に厳しいものがあると思いますね。
    ちなみに、エクスプレス・パスは、「※好評のため、販売を終了しました。」となっております。

    おそるべし、妖怪ウォッチング。

  6. USJ与太話管理人 より:

    >コイデさんようこそ♪
    エクスプレスパスは5分ほどで完売したとの話がありますが、とにかく早かったようですね…

    大人で体験したい人もいるでしょうが、子供さんを対象に作られたものだと思うので、今回は諦めるほうがよさそうに気配ですね。

    ただ、派手にテレビコマーシャルをしているのを見ると、整理券などのことは頭に浮かんでこないので、トラブルが出ないかが心配です。

  7. SUMI より:

    こんにちわ。
    絵画は、キャッスルウォーク(見上げる方)、アトラクションに乗る側(階段がある方)、
    それぞれ違うお部屋ですよね。
    会話は同じなのでしょうか?

    先日、たった400名しかいなかったという『年間パスプラス』の貸切イベントで、
    階段の絵画をゆっくり見ることができましたが、そういえば、ウォーク側の会話をちゃんと聞いたことがなかったことを思い出しました。
    (忘れているせいもあります。)
    3Dになったアトラクション、
    私は、メガネで画面が暗く感じ、視野が狭く、安全バーにメガネが当たるのが気になり。と、酔いそうでした。。。
    次回は、ゆっくりウォーク側の絵画を見たいと思います。
    もうちょっと先のことになりそうですが…。

    ※私も妖怪ウォッチ、どんな演出か見たかったので、エクスプレスパスを買おうと思いましたが、大人一人で割り込むのはちょっと勇気出ず、断念しました(泣)。

  8. USJ与太話管理人 より:

    >SUMIさんようこそ♪
    キャッスルウォークとアトラクション側の差…
    ワタシは分かりません(;^_^A アセアセ・・・

    アトラクションに乗ったのは、プレオープンの時で、待ち時間がほぼ無い状態のうえ、当然写真は撮れなかったので、記憶にないのです。。。

    3Dになると、更に酔いそうなのが分かるので、乗る勇気がありません。

    妖怪ウォッチは、人気が集中しすぎてトゲトゲしなければイイな。と思います。