スポンサーリンク

ゾンビに襲って欲しいなら彼らををおびき寄せるゾンビのエジキを身に着けよう

USJ ハロウィン

ハロウィーンシーズンが始まってからパークを歩いていると、こんな看板を数か所で見かけました。

ゾンビのエジキ

ゾンビにもっと襲われる
ゾンビのエジキ

なんじゃこりゃ?

と思いながら、パークをブラブラしていると、グッズを販売している屋外のショップであるものに目がとまりました。

ゾンビのエジキ

たくさんの目玉が並んでいますね。

これが「ゾンビのエジキ」というハロウィーングッズでございます。

スタジオガイドに書かれている説明には

身に着ければ好物の目玉めがけて大量ゾンビが次々と襲いかかる

と書かれてあります。

どうやらハロウィーンホラーナイトで、ゾンビをおびき寄せるグッズのようです。

暗闇の中でも目玉が光るので、ゾンビが見つけやすいのでしょうね。

これをつけていると

『襲ってちょーだい』
『襲っていいわよ』

という合図なのでしょう。

とはいえ、ワタシはまだ今年のホラーナイトを体験できていないので、これをつけている人がどんな感じで襲われるのか見ていないので、実際のところは何ともいえません(;~〓~) アセアセ

何ともいえないものの、「襲ってちょーだい」という合図であるのなら、このネーミングにちょっと違和感が…

ゾンビは目玉を襲うのではなくゲストを襲うので、エジキになるのはゲストですよね。

まぁ、目玉を含めてゲストがエジキになるのでしょうが、説明で書かれているように「ゾンビの好物」とか「ゾンビのエサ」とか「ゾンビの撒き餌」のほうがピンとくるような気がしましたです(^^)

ゾンビのエジキ

☆ ))) ☆ ))) ☆ ))) ☆ ))) ☆ ))) ☆ )))

ハリー・ポッターエリアの入場確約券付プランはJTBだけ

USJ情報サイトスマホ版はコチラ

コメント

  1. ふね より:

    こんにちは♪
    名前ゾンビのエジキだったんですね、面白い笑
    我が家は小5娘が欲しがるので1つ買いました、首にぶら下げてると確かに集効果ありますね、よくゾンビが寄ってきます、笑
    怖がりですが娘はそれが楽しいようです!?
    昨年は目玉の部分がガイコツでしたね
    これよくできてて光り方、光る色を色々変えられて楽しい♪その割りに献身的な価格だなと思います
    次は10月にホラーインパしたいと思います?

  2. ragtime より:

    >ふねさんようこそ♪
    うたい文句の通り「集ゾンビ効果」があるのですね!
    怖いのに、ゾンビに寄ってきてほしい。
    それが楽しいなら、お金払う価値がありますね(笑)

    昨年もあったんですね…
    ひょっとしたら書いているかもしれませんが、覚えていませんでした(;^_^A アセアセ・・・

  3. 梅とら より:

    こんにちは!
    いつも楽しく拝見しております。
    私もホラーナイト前日&初日にインして早速買いました!去年のはふねさんがおっしゃるようにスカル型だったのですが、割とすぐ売り切れてしまって手に入らなかったので今年はすぐ購入しました。
    ゾンビの好物が「目玉」でそれを狙ってやってきます。ゾンビのリアクションもまさに「目玉ちょうだいっ!!!」と言った感じで楽しいです♪中には既に目玉をたくさん首からかけているゾンビもいました。

    たまにゾンビが集団で襲っている場合もこの目玉をつけたゲスト(役の人)なのでもしかして私も!?となります(笑)

    特に空いてきた20時以降の効果は敵面で、7~8人にぐるっと囲まれたりして楽しいですよ★

  4. ragtime より:

    >梅とらさんようこそ♪
    昨年のタイプ…
    ホントに記憶がないので写真見直してみます(;^_^A アセアセ・・・

    ワタシはまだ、今年のナイトを体験出来ていないのですが、8時以降は空くのですね"φ(・ェ・o)~メモメモ

    ワタシはこの目玉が光ってくれると、カメラのAFが合わせやすいかと思っています。

    最後に。
    素敵なブログ書かれてますね!

  5. masa より:

    まだ体験してないんですがまるでホラー映画の中に飛び込んだようなリアルな世界観って感じでしょうか?((((;゚Д゚)))))))
    これぞハリウッド映画のテーマパークって感じがでてて素敵です(^^)

  6. USJ与太話管理人 より:

    >masaさんようこそ♪
    そうですよね。
    これぞ映画のテーマパークの真骨頂かもしれません。

    もしゲストが少なくてほんの数人でパーク内を歩くとなったら、ウィル・スミスの「アイ・アム・レジェンド」のような感覚を味わえるかもしれませんね。