スポンサーリンク

ウォーターサプライズパーティー2012その3

USJ ショーとパレード

では、3回に渡って書いたウォーターサプライズパーティーのクライマックス、
スプラッシュタイムの様子をお伝えします。

まず最初は、いわゆる水鉄砲で、ゲストとキャストの水のかけあいです。

余談ですが、スプラッシュタイムが始まると、キャラクターは大きな傘で
水がかからないように避難します^^

12_07_13a.jpg

上の写真では【和気あいあい】といった感じですが、クールに水をかけにくる
キャストもいます↓

12_07_12f.jpg

このように、集中して放水されることもあるので、濡れたら困るものは
しっかりし防水しておいてくださいね。

この段階ではアスファルトに乾いたところがあることが証明していますが、
水の量は序の口です。

ウォーターシューター(水鉄砲)の時間が終わると、キャストが手に持つ
ものが変わります。

下の写真のように、水鉄砲からバケツに変わりまして、ゲストにかける水の量が
一気に増えるのです。

バケツタイムは2段階に分かれていまして、最初はバケツの水を柄杓ですくい、
ゲストにかけてきます。

柄杓でも、直接かけられると下着までしっかりと濡れることがありますが、
目の前に来たキャストがバケツを振りかぶったときが要注意なのです。

スイングするようにバケツを振ると、目の前に水の帯が広がり

頭から水をかぶるのです

ウプププ…

水は容赦なく、横からも飛んできます。
下の写真はカメラを向けている正面じゃなく、横から水が飛んできた時の写真です。

とまあ、このように、わずか数分のうちにびしょびしょになります。

そしてショーのクライマックス。

ウォーターキャノンから水柱が立ち上っていく瞬間がやってきます。
連続写真でお見せします。


ウォーターキャノン最後の写真は縦にしました。

そして本当のクライマックスは建物の屋根に取り付けられた小さな
ウォーターキャノンからのスプラッシュです。

写真はタイミグを失してしまい、チト遅くなっておりますが、青空の時でこそ
絵になるし、夏を満喫できるような気がします。

とまあ、これがスプラッシュタイムの様子です。

とにかく、ショーエリアはすべてが濡れるエリアとなっているので、
通路後方にいるからといって安心しないでください。

もちろん、最前列のようには濡れませんが、時には頭から水をかぶることだってあります。

でもね、暑いこの時期、びしょびしょになると笑顔になるのです。

ワタシは速乾性のシャツを着て参戦しますが、子供さんは着替えを持って
行かれるほうがよろしいかと思います。

というのも、このショー以外にユニバーサル・ワンダーランドにも、
びしょびしょになるアトラクションがありますので^^

コメント

  1. MARU より:

    青空とキャノン!さすが!
    一発で決めて来るなんてさすがですね~^^

  2. ragtime より:

    >MARUさんようこそ♪
    ショー開始前に何度もリハーサルしました^^