スポンサーリンク

ウォーター・サプライズ・ パレード 特別エリアはびしょ濡れエリア。ここだけ別途料金が必要です

ウォーター・サプライズ・パレード2018では、4か所の「びしょ濡れ熱狂エリア」が設けられています。

 

ウォーターサプライズパレード

 

「びしょ濡れ熱狂エリア」では、エンターテイナーとゲストの水のかけあい、「ウォーターバトル」が行われます。

 

ウォーターバトルのバケツタイム

 

パレードが始まった当初は完成していなかった、最後の「びしょ濡れ熱狂エリア」で使われる舞台が、先週完成していました。

 

ウォーター・サプライズ・パレードびしょ濡れ熱狂エリア」の舞台

 

舞台に近づいてみましょう

ウォーター・サプライズ・パレードびしょ濡れ熱狂エリア」の舞台

 

以前あった、グローブステージほどしっかりしたようには見えませんが、例えば、冬のイベント、「天使のくれた奇跡」の特別鑑賞エリアとしても使えそうな感じがします。

 

わずかながら段差もあるので、平らな鑑賞エリアよりは、後方の人が見えやすいような気がします。

 

 

さらに舞台に近づいてみましょう。

 

ウォーター・サプライズ・パレードびしょ濡れ熱狂エリア」の舞台

 

舞台の床面に、滑り止め加工がしてあります。

 

水を使うショーで使用するため、エンターテイナーの安全を確保するための配慮だと思います。

 

 

スポンサーリンク

グラマシーパークの「びしょ濡れ熱狂エリア」は有料エリアがあります

 

最後の「びしょ濡れ熱狂エリア」はグラマシーパークという広場で開催されます。

 

ここに至るまでの3か所は、すべて通路上で、無料で楽しめます。

 

しかし、ここだけ様子が違っていまして、広場の中は、『ウォーター・サプライズ・ パレード 特別エリア』となっていて、大人・子供共1300円の別途料金が必要になります。

 

ウォーター・サプライズ・パレードびしょ濡れ熱狂エリア」の舞台

 

写真に写っている場所は、すべて有料エリアとなっています。

 

ただ、4か所目の「びしょ濡れ熱狂エリア」すべてが有料ではありません。

 

舞台前のエリアを取り巻く歩道上は無料なので、チケットなしで楽しむことが可能です。

 

下のイラストで説明すると、特別鑑賞エリアをとりまくフロートの外側はすべて無料エリアとなっています。

 

「びしょ濡れ熱狂エリア」

 

『ウォーター・サプライズ・ パレード 特別エリア』の中はフロート・舞台・建物の上360度からの放水を浴びるため、必ず濡れます。

しかも、かなり濡れます。濡れたくない人は近づかないようにしましょう。

 

 

 

猛暑が続く2018年の夏。

これだけ暑いと、グラマシーパークの人工芝の上で休憩する人がいません。

 

ウォーター・サプライズ・パレードびしょ濡れ熱狂エリア」の舞台

 

暑すぎるのは困りますが、暑さの影響で、写真が撮りやすかったのは、ワタシにとっては幸いでした^^

 

今日を含め、1週間は35度以上の猛暑日が予想されています。

暑さ対策を十分に行ってUSJに行ってください。

 

コメント