スポンサーリンク

ジュラシック・パーク・ザ・ライドのスーパーウェットタイム

USJアトラクション

ジュラシック・パーク・ザ・ライドRでは現在、スーパーウェットタイム
と称しまして、普段より濡れる仕掛けがされています。

その仕掛けを見てみようと思い、ライドの着水現場に陣取り、
その様子を眺めておりましたところ、「お~ そうなってるのか」と
納得したものの、スーパーウェットタイムというのは大袈裟じゃないの…
と思っていたんですが、ライドを降りてくる人たちの様子を見ていると、
仕掛けの見た目とは違って、確かによく濡れている。

どんな仕掛けなのかは、ネタバレにならないよう、記事の続きを読んで
もらうことにしますが、文字で表現するなら、「ボシュッ」という
音とともに、水が飛んでくる仕掛けになっています。

で、これまでは座る場所によると、あまり濡れないところもあったのですが、
スーパーウェットタイムでは、ライドに座っている人がまんべんなく
濡れるようでして、そのため、降りてくる人のほぼすべてが頭から
濡れているように感じました。

風向きなどによっては濡れにくいところがあるやもしれませんが、
普段より濡れるのは間違いないようです。

では、どんな仕掛けになっているのかを知りたい人は、下の続きを読むを
クリックしてくださいませ。


では濡れる仕掛けを写真で説明しますね。

まずは横からのアングルを見てもらいましょう

いかがでしょう。
これで普段と何が違うのかが分かる人は、ちょっと詳しい方ですね。

次は前からのアングルです。
こちらのほうが分かりやすい。


ライドが滑り降りてきました

着水すると同時にレールの横から4つの吹き出し口から水が飛び出しています
(矢印で示した水が噴き出している所が、普段とは違います)

ライドが水の抵抗でブレーキがかかり、同時に水柱が立ちます

普段の水に加えて、飛び出した水がライドをまんべんなく包むように見えます


見た目の水の量はたいしたことなさそうなんですが、実際にはそこそこ
濡れるようですので、そのつもりで乗る方が良いかと思います。

ライドに乗っているゲストを見ていると、もちろん暑いということもあるけど、
スーパーウェットタイムで濡れるのを楽しむために乗っている人が多いようで、
カッパを着ている人はほとんど見かけませんでした。

コメント

  1. KANAMI より:

    こりゃぁ

    濡れますね(*^_^*)

    でも猛暑が続く今年なら

    納得です♬

  2. ragtime より:

    >KANAMIさんようこそ♪
    濡れるようですよ。

    覚悟をもって乗る必要がありそうです。

  3. なおなおまる より:

    この間約8年ぶりくらいに乗ってきました。
    めっちゃ濡れましたよー!
    ちょっと曇りの日だったのですがカッパを着ていない人が気の毒なくらい・・。
    足元もかなり水が入ってくるので、バッグも濡れてしまうし・・(足元に置かないとダメなんですよねー;;)
    今度は濡れてもいいやつでいこうと思います。