スポンサーリンク

雨のUSJで着るポンチョと、雨でないと見られない光景の話

長いゴールデンウィークが終わり、パークに落ち着きが見られた昨日。

残念ながら雨でした。

 

雨の影響でゲストが少なく、アトラクションは乗り放題と言ってもいいくらいの状況でした。

 

アトラクションの待ち時間

フライングダイナソーは30分の待ち時間

 

 

でも雨の日に屋外の乗り物は辛いんですよね。。。

 

 

 

雨のUSJから戻った昨夜、テレビの天気予報を見ていると、「なたね梅雨」という言葉が出てきました。

「梅雨」と聞くだけでうっとうしい気になってしまいます。

 

でも、梅雨が必要なこともある訳で、文句を言っても梅雨はやってくるのです^^

 

 

雨のテーマパーク

 

楽しさは半減、もしくは1/3になってしまうかもしれません。

半減する理由の一つが、邪魔になる「傘」だとワタシは思っています。

 

と書いているワタシは、傘をさしています。

これはカメラが濡れないようにということが理由です^^

 

 

雨の場合、屋外のショーは中止になりますが、ジェットコースターなどの乗り物は、大雨や強風(冬は低温も含む)になった場合を除き運行しています。

 

そんな乗り物に乗るとき、ポンチョ着用はOKなので、多少なりとも雨で濡れるのを防げます。

 

USJ内では、キャラクターを模したポンチョが販売されています。

 

エルモであったり、スパイダーマンであったり、もちろんミニオンも用意されています。

 

ポンチョ

 

これらのポンチョは、パーク内で着るぶんには、良いものの、持ち帰って使うとなると、ちょっと違和感を感じる方がいるかもしれません。

 

そんな時利用したいのが、コンビニで販売されているポンチョ(カッパ)です。

 

 

キャラクターのポンチョは1000円を下りませんが、コンビニで販売されているものは330円。

 

コンビニで販売されているカッパ

 

上の写真は USJ の最寄り駅ユニバーサルシティ駅近くのローソンで販売されているものです。

 

手頃な値段で購入することができますし、コンビニは24時間営業なので、早朝にパートについて雨が降っていたとしても購入することが可能です。

 

また、ポンチョの持ち込みはOKとなっています。

 

※濡れ系アトラクションのジュラシックパークザライドやジョーズのアトラクションの入り口では400円程度でポンチョが販売されていますが、耐久性に難があるので、丸一日USJで遊ぶ場合、あまりオススメしません。

 

 

スポンサーリンク

雨でショーが中止になった時に見られるものもある

 

雨が降ると、屋外のショーが中止になってしまいます。

でも、雨でなければ見られないものを紹介してみます。

 

雨のタイミングにもよるのですが、エンターテイナーが ショーが行われるステージの近くに出てきて、写真を撮らせてくれることがあるのです。

 

それが下の写真です。

 

ナイトロダンス

 

彼らは「ナイトロ・ダンス・クルー」というショーの出演者です。

こういう場面は雨でないと見られません。

 

ナイトロダンスクルー

 

そして、ショーの後の写真撮影の時間が設けられていない場合、特にレアなのです。

 

 

雨の日は、楽しさが減ってしまいますが、少しでも楽しくなるコツを紹介してみました。

 

コメント