モンスターデダンスの観覧エリアは広範囲 足元のマークが目印です

ユニバーサルモンスターライブロックンロールショー(ユニモン)のエンターテイナー USJ ショーとパレード
スポンサーリンク

2020年のハロウィーンイベントの一つ『モンスターデダンス』が人気となっています。

メルズドライブイン前のステージで行われるこのショーには、普段、屋内シアターで行われているユニバーサルモンスターライブロックンロールショー(ユニモン)のエンターテイナーが出演しています。

 

ユニバーサルモンスターライブロックンロールショー(ユニモン)のエンターテイナー

 

  • ビートルジュース
  • ドラキュラ
  • フランケンシュタイン
  • ブライド
  • 狼男
  • HIP&HOP

ユニモンのエンターテイナーが勢ぞろいしています。

もともと、ユニモンには多くのファンがいて、普段は屋内でしか見られないエンターテイナーを明るい日中の屋外で見られる意外性があります。

そして、今年はパレードがないことによりショー好きの方の意識がこのショーに向いている事などが人気の理由でしょう。

 

ショーが人気ということは、人が集まることになります。

しかし、人と人の間隔を空ける『ソーシャルディスタンス』を保つ必要があるため、その目安となるマーク(シール)が地面に貼られているんですが、驚くほど広範囲に貼られていたので紹介してみます。

 

下の写真は3種類あるマークのデザインを一枚の写真にまとめています。

 

モンスターデダンス観覧ポジション

 

このマークが、メルズステージを取り囲む形で広範囲に貼られています。

 

下の写真は舞台に向かって右側。

 

モンスターデダンス観覧ポジション

 

地面に見えているマークが等間隔で並んでいるのが分かると思います。

このあたりまでゲストが立つと、舞台に立っているエンターテイナーは、よく見えません^^

 

舞台に向かって左側も同じように、とても広範囲にマークが貼られていています。

 

モンスターデダンス観覧ポジション

 

また、舞台の後方にもマーキングがされていて、前後左右から観覧できるようになっています。

 

モンスターデダンス観覧ポジション

 

このように観覧エリアが広がっていることから、メルズドライブイン前に停められていたクラッシックカーの何台かが移動されています。

 

参考までに、通常、停められている車を見てもらいましょう↓

 

上の写真の状況から、先週は車が減っていました↓

 

 

そして、ハロウィーンイベントが始まってから、さらに車の台数が減らされているのです。

 

スポンサーリンク

ショー観覧時に気になること

最後に気になったことも書いておきます。

このように足元にポジションマークがあり、人が二人くらいは入れる間隔が空いているので余裕を持って観られます。

 

ショーが始まると人が集まってきます。

すると、そのスペースにルールを知らない人が、その間に入ってくるんです…

クルーはいるんですが、これまでと同じように少ない人数でコントロールしているため、見落とされることが多くなっています。

これまでのショーでも同じような事を何度も書いていますが、ちゃんと確認できるクルーを配置してほしいものです。

 

 

このモンスターデダンスが行われているステージでは、二つのショーが行われていて、ショーが開催される時間は大勢の人で埋まっています。

ショー開催時は通路が確保されていますが、通りにくくなっているので頭に入れおいくほうが良いかもしれません。

 

では、今日はここまで♪

 

コメント