スポンサーリンク

2019USJ「ワールドストリートフェスティバル」は新エンターテイメントなのか?

ミニオン・ハチャメチャ・ワ-ルド USJ ショーとパレード

 

ユニバーサルスタジオジャパンで、ワールドストリートフェスティバルというイベントが2019年3月20日から始まります。

正確には、一部がすでに始まっています。

 

このイベントについてブログを書こうと思い、USJオフィシャルHPを確認しながら下書きを始めたところ、あることに気づきました。

 

新しいイベントが始まると、新しいページができる。

これは当然のことですが、そのアドレスを見て、「やっぱりな」と思ったことがあったのです。

 

それは後で説明するとして、ワールドストリートフェスティバルについて感じたことを書いてから、「やっぱりな」と思ったことを書いてみます。

 

参加型・新エンターテイメント「ワールドストリートフェスティバル」

と銘打ったUSJのホームページがあります。

 

ホームページを見てみると、昨年までもあった、USJでは「アトモス」とも呼ばれる舞台を使ったショーやストリートショーらしきものが紹介されています。

このイベントのどこが『新エンターテイメント』なの?

と、ずっと感じていました。

 

おそらく、USJに長年通っている方の多くが、こんな疑問を抱いただろうと思います。

 

ミニオン・ハチャメチャ・ワ-ルド

 

でね、最初に書いた「やっぱりな」と思ったことなんですが、それは、『ワールドストリートフェスティバル』のホームページのアドレスを見て感じたのです。

アドレスの中に『atmosphere/2019』という文字が入っているのです。

 

ということは、これまでにない新しいイベントという位置づけではなく、昨年までと同様のアトモスという理解のもと、USJサイドはホームページを作ったのではないか?

「ワールドストリートフェスティバル」という新しいイベントであれば「world-street-festival」のようなアドレスにすると思うんですよね。

ワタシはそう理解して「やっぱりな」と思ったのでありました。

 

スポンサーリンク

 

なぜこのように、特に目新しいものではないものを、あたかも、これまでなかった『新エンターテイメント』などとプレゼンしたのか?

ここからはワタシの憶測ということで書かせてもらいます。

来年、2020年は東京オリンピックの年で、ゲスト増加が見込まれる。

となると、2020年に予算を使いたい。

そのため、今年度は緊縮予算にした。

 

でも、テーマパークは新しいイベントがあってこそ人が集まる。

だったら、これまでと同じであっても、タイトルをつけて目先を変えることで、新鮮さを出そう!

そんな推測と勘ぐりをしたた2019年の春です。

 

参加型・新エンターテイメント「ワールド・ストリート・フェスティバル」| USJ
歩くだけで、いつでも!どこでも!一日ずーっと!!パーク中で展開する驚愕レベルのパフォーマンスに、底抜けに楽しい出会いに、待ち列なしで、体ごと巻き込まれる!

コメント