スポンサーリンク

2008ユニバーサル・ワンダー・クリスマスを想像する

USJ 季節の話

今日は2008年11月6日(木)~2009年1月6日(火)に行われる
ユニバーサル・ワンダー・クリスマスについて、ワタシの当らない
予想をしてみましょう(笑)

今年は

昼間のショーは昨年もあった「トイパーティー」
夜のショーは新しく行われる「天使のくれた奇跡」

が上演されます。

まずはトイパーティーについて。
昨年も行われたトイパーティーは、昨年と場所を変えて上演される
という発表なんですが、開催場所はニューヨークエリアとなっていまして、
エリアで言うと昨年と同じなんです。

でも、今年はやぐらがないので昨年とまったく同じショー内容では
ないでしょう。

このトイパーティーについては、後述する「天使のくれた奇跡」を踏まえて
話を進めたいと思うので、トイパーティーはひとまずお休み。。。

では、その「天使のくれた奇跡」について。
このショーは今年初なので、発表されたプレスを読んでも不明な部分が多い。

一番分かりにくいのは

エンターテイナーおよび、映像、天使をかたどった紙ふぶき、
合わせて1,000を超えるたくさんの天使たちが登場し

という説明。

映像は天使をかたどったものをレーザー光線か何かで、壁などに映しだすんだと
想像するんですが、1000という数字で考えると、エンターテイナーの数は
約50名となっているので、残り950を映像と紙ふぶきで負担することになる。

ワタシは思うんです。
仮の話ですが、映像を無視して、残り950を紙ふぶきで演出するとなっても、
厳密ではないでしょうが、950枚の紙ふぶきってショボイように感じるんですけど、
どうなんでしょか?

話を開催場所に変えます。
開催場所は、ターミネーター2 3D前となっています。
写真で見るとここなんですな。

そうストリートであります。
ここでワタシの勝手な、あたることがない予想ですが、ここに舞台が
設置されるんじゃなかろうかと思ってます。

その理由として、あることが関係してるんですが、話が長くなりそうなので、
続きは明日にします。

仕事もしなくちゃなんで(汗)

コメント