スポンサーリンク

あっちもこっちも行列が出来ていた8月23日の午後の待ち時間

USJ 待ち時間・混雑情報

昨日のブログで書いたように、8月23日は平日なのに、ずいぶん混んでいました。

ということで、気になる待ち時間情報と、8月13日に書いたUSJのオフイシャルアプリのことも追記してみます。

ではそっさく、掲示板の待ち時間情報を見てもらいましょう。

時間は午後2時半頃のものです↓

08_23a.jpg

08_23bb.jpg

100分越えのアトラクションが多く、最長はザ・フライング・ダイナソーの240分。なんと4時間待ちです。

その他にも、ハリーポッターのジャーニーやハリウッド・ドリーム・ザ・ライド、スパイダーマン、ジュラシックパーク・ザライドなども100分越えになっています。

暑い中の待ち時間は大変だと思いつつ写真を撮っているのですが、天気が良いとコントラストが強すぎて、掲示板の写真が撮りにくい。

なので、USJのオフィシャルアプリの待ち時間情報のスクリーンショットを取ってみようとするものの、相変わらず、GPSをつかめないので待ち時間場情報を入手できません↓

08_23c.jpg

頂いたコメントに、ポケモンGOの影響が出ているのかも?

と書かれてあったので、多くの人がゲームに飽きてきたら表示されるのかもしれませんが、やはり不便を感じます。

GPSをつかめないので、現在地を表示しても、このように表示されて使えません↓

08_23d.jpg

このように使えない。

使えないものは仕方がないので、オフィシャルアプリじゃないものを起動させて待ち時間を確認してみました。

こちらはGPSが必要ないのですぐに待ち時間情報を入手できるのです。

正直、オフィシャルアプリよりも使いやすい♪

さらには、パークの外にいても、待ち時間情報を入手できるので、パークに行かなくても、混雑状況を推測できるので便利なのです。

これはよく使うアプリなんですが、今までこのブログで紹介したことありませんでした。

というのも、可能な限り、USJオフィシャルの情報を元に書きたいと思っているからです。

そして、USJ現地の待ち時間情報をちゃんと表示しているのかを確認したことが無かったので、書きませんでした。

今回は良い機会だと思い、確認することにしました。

そのスクリーンショットをご覧ください↓

08_23f.jpg

08_23e.jpg

掲示板を撮った写真のデータを見てみると、14時30分となっていました。

一方、このアプリの情報は14時22分となっているので、カメラの時計が正確であれば、8分ほど前の情報が表示されていることになります。

このことから、同時刻の比較ではないことを断っておきます

見比べてみると、アプリにおけるハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~の表示が少し短くなっていますが、その他は同じようです。

このアプリの待ち時間表示が14時30分になったのを確認していないのですが、この程度の誤差は、大きな問題ではないと感じます。

このアプリの待ち時間表示は、エリア別や時間別に並べ替えることができたり、過去の待ち時間も表示することが出来て、すこぶる便利なんです。

ずいぶん前にインストールしたので、もっと新しいアプリには、さらに便利になっているのかもしれませんが、ワタシはこれで十分。

ちなみに、『USJの待ち時間』というアプリです。

USJのオフィシャルアプリが使えない場合、他のアプリを使ってみるのも一手かもしれません。

コメント