スポンサーリンク

ユニバーサル・レインボー・サーカスその4

USJ ショーとパレード

ホイルール・オブ・エキサイトメントが終了すると「スウェイポール」の演目に入ります。

不安定なポールに男女2人のエンターテイナーが登って行き、そこでパフォーマンスを見せてくれます。

ポールがユラユラと揺れる不安定な状況なのに、命綱をつけずに演技するので、これもハラハラドキドキの演目になっています。

しかしながら、これもテレピコマーシャルの映像が頭に残っていると、こんな感じなんだ…
というのが正直な感想でございます。

ユニバーサル・レインボー・サーカス

ユニバーサル・レインボー・サーカス

話しはスウェイポールの演目からはずれて、今回ワタシが観覧したポジションについての話を。

3月29日のブログでも紹介したように、観覧したのは舞台に向かって左側の立ち見の最前列でした。

立ち見の最前列といっても、前に誰か座っているのではなく、本当の最前列でした。

通常なら、最前列は座り見が当然ですが、立ち見になるのには訳があります。
そのことを、スウェイポールの演技中に知ることになりました。

前回のブログの最後に「ブルーの物体を引きずり、次の演目の準備に入っていきます」と書きました。

この次の演目とは、「ヒューマン・キャノンボール」。
いわゆる、人間大砲というやつです。

大砲が設置されるのは舞台に向かって右側。
そして、大砲から発射されたエンターテイナーの着地地点が、ワタシが観覧していたまん前でして、そこにエアーマットが設置されるのです。

まず、エアークションの下に敷く敷物を設置
ユニバーサル・レインボー・サーカス

その上にエアークッションを広げていきます
ユニバーサル・レインボー・サーカス

真ん中に標的のような丸い印が描かれています
ヒューマン・キャノンボール

セッテイングされた送風機から空気が送られます
ヒューマン・キャノンボール

膨らんでいくエアークッションは予想外の大きさに…
ヒューマン・キャノンボール

舞台の中央付近はまったく見えなくなりました
ヒューマン・キャノンボール

とまぁ、こんなふうな状況になるので、舞台左側のこのポジションで、子供さんと一緒に観るのは避けるほうがよろしいかと思います

視線を右にやると、舞台の左側では、ヒューマン・キャノンボールのエンターテイナーが大砲の中に入っていくところがかろうじて見えます^^

次の出し物がサーカスのフィナーレです。

ヒューマン・キャノンボール

コメント