スポンサーリンク

ライム味のとうもろこし

USJ 食事

夜店の屋台でよく買うんですよ。
焼きとうもろこしを。

醤油の焦げた香りがする、焼きたてのとうもろこしにかぶりつくと、
歯にシャリっという感覚が最初に来て、その後、熱が歯に伝わってくる。

力任せにあごに力を入れてしまうと、芯に歯があたるので、
加減しながら噛みしめる。

口の中に転がっていく粒をシャシリシャリ噛みしめると、
とうもろこしの甘さが口の中に広がっていくのです。

とまあ、「焼きとうもろこし」というと、醤油味というのが
ワタシの中での正しい焼きとうもろこしです。

ここで話をUSJに。
おそらく初めてだと思うんです。パーク内で焼きとうもろこしが販売されるのは。

04_08b.jpg

ジュラシックコーンという名称になっていますが、これは焼きとうもろこし。

販売してるのは、ジュラシックパークにあるフォッシル・フュエルズ

04_08a.jpg

ここを通りかかると、紙皿に入ったジュラシックコーンを手にしている方を
見かけるのですが、醤油の香りがまったくしないのです。

考えてみれば、醤油の焦げだ香りと、とうもろこしと言うと、夜店の印象が強いので、
敢えて避けたのかもしれませんが、ここ、フォッシル・フュエルズで販売されている
とうもろこしには、なんとライムを絞って食べるんだそうです。

コチラのページに、ジュラシックコーンが紹介されているのですが、
その紹介分には

「スパイシーな焼きとうもろこしは、ライムを絞って」

と書かれてあります。
焼きとうもろこしがスパイシーなんですよ。

ステーキなどに添えられたコーンにペッパーがついてることはありますが、焼きとうもろこし自体が
スパイシーなものは食べたことがありません。

しかもライムを絞って食べるなんて、さらに味が想像できませぬ。

まだ食べてないので、いずれレポートしようと思いますが、焼きとうもろこしが
650円とはチト高いように思うんですよね。。。

コメント

  1. しっぽ より:

    こんにちは(^0^)

    先週食べてきましたよ、とうもろこし。
    スパイスが上から、どばーってかかっているので、
    『くるくる回して、つけながら食べてください。』って言われるんですが、
    上手くつけられず、スパイスがどばーって付いてるところは、
    唇が『ひぃ~、ちょっと辛いかも・・・』って感じでした。
    でも、ビールと一緒だったら美味しいので、ぜひ、ビールも一緒にどうぞ。

  2. ragtime より:

    >しっぽさんようこそ♪
    辛い…
    辛い焼きとうもろこしなんですか…

    スパイスの辛さに、ライムの酸味が加わるのですよね。
    今までの焼きとうもろこしのイメージが払拭されるかもしれないですね^^

    ビールと一緒にとなると、子供さんには不向きなのかもしれませんね。
    一度トライしてみます。

    情報ありがとうございました。