スポンサーリンク

ドリンク販売で、USJの暑さ対策を感じる光景

ドリンク USJ 季節の話

大阪の週間予報で最高気温を見てみると

7月24日が37度
7月25日が38度
7月26日が36度

このように、連日の猛暑日となっています。

 

この暑さはいつまで続くのやら?

と思ってから2週間ほど経つでしょうか、ここにきて、ようやく猛暑の出口が見えてきました。

 

見えてきたとはいえ、今は暑い。

先週今週とパークに足を運びましたが、丸一日、この暑さの中で遊ぶ体力と気力がなく、滞在時間わずか2時間ほどでパークを出ています(^^)

 

この暑い中、パーク内を歩いていると、USJでも猛暑の影響を受けていることを感じます。

 

パーク内に設置されているドリンクの自動販売機を見ると、午前10時半にも関わらず、売り切れ表示になっているものを見かけました。

 

ドリンクの自動販売機

 

この自販機は、ジュラシックパークの自動販売機で、ミストが出ていたので見えにくなっていますが、一つ二つが売り切れているのではなく、その自動販売機のほとんどが売り切れている状態。

 

継続的にこのようになっているせいか、この自販機の前には、常時出店していない場所にカートを出していました↓

 

ドリンク販売カート

 

 

さらにUSJの暑さ対策が見えるのは、軽食やドリンクを販売している路上のカート販売の前に、氷がたくさん入った入れ物にペットボトルを投入して販売しているところ。

 

ドリンク

 

この夏、カート前で、このような販売形態をしているところが多くなっています。

 

このようにして販売していると、ドリンクの補充は当然ながら、氷がすぐに溶けてしまうのでしょう。

クルーが氷が入った容器を運んできて補充します。

 

その様子を見ていると、道具を使わず、なんと、素手で行っていたのです。

 

ドリンク

 

ドリンク販売カート

 

いかに猛暑とはいえ、素手で何度も何度も氷を運んでいると、手が真っ赤になっていくのが分かります。

間違いなく、冷たいのを我慢して、氷を入れているんですよね。

 

 

ワタシが見た感じ、ありったけのドリンク販売器具を使って、ゲストが打脱水にならないよう、暑さ対策をしているように感じます。

 

スポンサーリンク

キャラクターたちも頑張っている

 

ワタシが一番気になるのが、パレードやショーで出演するキャラクターたちです。

もちろん対策はされているでしょうが、ここしばらく続く暑さは、冗談じゃなく「命に係わる暑さ」と感じます。

 

特に「セサミストリート」・スノーパーティ」に出演するエルモと、エンターテイナーは、真夏なのに、冬装束をしているので、尚のこと気になっています。

 

エルモたち

 

バート

 

 

ようやく最高気温が35度を下回る!?

先に書いたように大阪の週間天気予報を見ていると、27日金曜日あたりから、予想最高気温の予報が32度や31度という日が出てきました。

 

この気温でも湿度が高ければ熱中症の危険はありますが、37度や38度という気温に比べれば、楽になりそうな気になっています。

 

 

実はこの話、別の話で取り上げようと思い、撮った写真に、気になった写りこみがあったので、書くことにしたのです。

 

イベントセンター

 

上の写真は、ワンピースプレミアショーの当日券売り場の紹介をするために撮ったものでした。

 

ブログに載せるため加工しているとき、奥にある救護所にゲストが入っていくのが写っていたのです。

 

確認したわけじゃないので、熱中症かどうかは分かりません。

でも、その可能性を感じたので、こんなブログを書くことにしたのです。

 

ゲストが暑いのと同じく、クルーやエンターテイナー、キャラクターも暑いのです。

38度でも32度でも、くれぐれも暑さ対策を行い、USJで楽しい思い出をたくさん作って下さいね。

コメント