USJ1デイチケットで再入場可能となっているのは本当?

再入場可能 USJで遊ぶ基本
スポンサーリンク

 

USJ、ユニバーサルスタジオジャパンはワンデイパス・一日券や2デイチケットで入場した場合、途中退場してしまうと再入場はできません。

と書かざるを得ないのは、USJ公式サイトのルールとマナーのページに以下のような文言が残っているからです。

 

再入場について 年間パス以外の入場券では、再入場はできません。

 

再入場について
年間パス以外の入場券では、再入場はできません

 

年間パス以外ということは1デイパスや2デイチケットでUSJに入った人は、一旦、USJの外に出てしまうと、再入場するには、新たにチケットを買いなおす必要があるということです。

 

しかし、現状、再入場が可能となっています。

 

スポンサーリンク

再入場したい場合ハンドスタンプが必要と伝える看板

 

先週土曜日のことでした、Twitterで再入場可能なことを伝える案内版の写真を見たのです。

 

パークに確認しに行ったところ、退場ゲートの付近にそのような案内はありませんでした。

日によって対応を変えるダブルスタンダードとするのかと不信感を抱きつつパーク内を歩きました。

 

平日であっても、月曜が混雑するのは承知の上ではあったものの、予想を遥かに上回る混雑に驚きました。

思うように歩けないどころか、なかなか前に進まない場所さえあったのです。

 

USJ大混雑

 

このような状況だとレストランも混雑していて、フィネガンズは90分待ちの案内が出ていました。

テーブルサービスのレストランだけではなく、ミニオンパーク前のフードカートの行列が、ラグーンデッキまで伸びるほどの行列となっていました。

 

下の写真の赤い矢印がフードカートで、緑の矢印が行列の最後尾となっていました。

 

行列

 

パーク内のいたるお店でこのようなことが頻発していたのです。

 

 

パーク内で食事をする気持ちが失せ、外に出ようとした時、大屋根がきれるあたりでカチンコ風の案内板が目に留まりました。

それがこの看板。

 

再入場可能

パーク再入場にはハンドスタンプが必要です

再入場をご希望の方はクルーにおたずねください

 

入退場のゲートではなく、USJに来た人のほぼすべての人が通る場所に置かれていました。

パークに入った時は人が多くて視界に入らなかったのかもしれません。

 

再入場可能なことを告げる看板の写真を撮ったあと、ゲートに向かうと、スタンプを押してもらう人の行列ができていました。

困ったのは、スタンプを押す必要無くパークを出たい人まで並ぶ必要があるの? という事でした。

しばらく並んでいると、先頭付近にいた人の一部が流れていきました。

スタンプが必要ない人が空いているゲートを抜けるように歩きだしたのでした。

 

USJは再入場可能なのかNGなのか?

 

このブログをアップした前日、と前々日の2022年11月21日と22日は再入場可能でした。

USJで確認してきたので間違いありません。

しかし、今後も可能なのかと問われると『分かりません』としか伝えられません。

 

USJ公式ページでは、再入場不可となっていたことは最初に書きました。

再入場可能となっていたらヤヤコシイ内容にならずに済んだのですが、パーク現地では再入場可能、しかし公式サイトでは再入場不可。

ダブルスタンダード・二重規範となっているのです。

 

再入場可能なのは年間パスを持っている人だけ。

このルールを知らずに一日チケットなどで途中退場した場合、チケットを買い直さないと再びUSJに入れない。

入場ゲートでは繰り返しこのことをアナウンスしていましたが、このブログを書くために写真を撮った日はアナウンスはされていませんでした。

 

再入場に関し6年前のブログでも書いたように1日チケットでの再入場が絶対に不可能ではありませんでした。

退場する際に手にスタンプを押してもらうと、再入場が可能だったのです。

USJで年間パス以外は再入場できないというルールは守られていない

 

ルールを守る人が不公平となる状況を生み、正直者が馬鹿を見ることとなっていたのです

この状況はよくないと感じ、このブログで何度か書いたことがあります。

 

本格的に再入場可能に舵を切ったのか、USJの混雑がひどく、食事するだけで行列ができているような時だけの一時的な対策なのか今はわかりません。

ただ、再入場可能だということを伝える看板があり、再入場するためにスタンプを押してもらっている人がいるのは事実です。

 

先にも書きましたが、公式ページでは再入場不可となっています。

ということは、ルールをちゃんと守る正直者が馬鹿を見るケースもありえるでしょう。

中途半端なことはやめて、再入場可能とするべきです。

コメント