再開後のUSJの混雑具合が気にかかる

マリオカート待ち時間 USJ 待ち時間・混雑情報
スポンサーリンク

2021年6月1日にUSJが再開しました。

再開後、ワタシはまだパークに行けていないので、SNSなどでその様子を楽しんでいる状況です。

 

再開初日の6月1日、待ちに待った方が大勢パークに足を運ぶだろうと予想していました。

しかし、予想よりはるかにゲストの数が少ないように感じています。

SNSの投稿数が少ないことが、そう感じる理由でした。

そして、USJ公式アプリで表示される待ち時間を見ても、マリオカート15分、ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドが20分・25分と短くなっていることからも、パークが混んでいないことが予想できたのです。

 

マリオカート待ち時間

 

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド待ち時間

 

営業再開初日が平日だったことも影響しているだろうと思います。

そして何より、パーク内に留まる人の上限を5000名で営業しているため、空いていて当然なのですが、再開初日にしては少なすぎるように思い、少々気になっています。

 

コロナの影響はUSJだけではなく、多くの企業、事業所、商店に出ています。

一部、まったく影響を受けていない職種、業績が上がったところもありますが、それはごく一部でしょうから、遊びに行く気になれない人が多数なのが事実だと思います。

ワクチンが救世主になってくれるといいのですが、インフルエンザと同じでワクチン接種をしたら絶対にかからないというものではありません。

コロナ前は、1年間に1000万人ほどインフルエンザにかかっていたそうです。

 

数字でみるインフルエンザ | インフルエンザのヘルプナビ | シオノギ製薬
インフルエンザを数字で読み解くページです。インフルエンザに関する様々な医療データを統計処理し、イラストをたくさん使って分かりやすく「見える化」しました。

 

これでも医療崩壊なんて起きないのですから、その医療キャパを振り分けられるようにならないものでしょうかね。

 

毎日毎日、コロナのニュースが多くて気分がふさぎ込みがちになってしまいます。

そんな時、アトラクションを体験しなくても、パークを歩くだけで気分転換になるんです。

だから、平日のみであっても、再開してくれたのは嬉しいことです。

ワクチンがキーチェンジャーとなり、遅くとも、今年の秋には落ち着いてくれることを祈ります。

コメント