ユニバーサル・ワンダーランドのよやくのりの発券機を使ってみました

ユニバーサル・ワンダーランド
スポンサーリンク

ユニバーサル・ワンダーランドのよやくのりの発券機を見てきたのは先週のことでした。

天気の良いでして、写真を撮るのに絶好の状況だったのです。

ただ、天気が良すぎて、屋外にあるモニターを写真に撮るには悪条件だったのです。

画面が反射して、写真では何が写っているのかよくわからない。。。

ではありますが、文字だけよりも写真があるほうが分かりやすいので、いつものように写真を用いて話を進めます。

今回例にとるのは、ビッグバードのビッグトップ・サーカスというメリーゴーランドです。

ビッグバードのビッグトップ・サーカスの一番奥まった所によやくのりの発券機が設置されています。

この発券機の右側にある白くふちどった所にワンデイパスなどに印刷されているQRコードをかざすと画面が先に進み、発券作業が始まります。

では以下に、その工程を写真を使って見てみましょう

ビッグバードのビッグトップ・サーカスの奥に設置されています
よやくのり

発券機の入り口
よやくのり

発券機が3台設置されていました
よやくのり

これが発券機の画面。
右の「SCAN」と書かれたところにパスのQRコードをかざします
よやくのり

あとは画面の指示に従って画面をタッチします
3歳以下のお子様も乗車しますか?
よやくのり

希望入場時間のリストが出るのでタッチしましょう
よやくのり

予約券が下から出てきます
よやくのり

先に書いたように写真が見にくいですが、おおまかな流れはこのようになっていて、指定した時間まで他のアトラクションを楽しむことができる。という事になります。

この工程の中で注意しないといけないことがあります。

まずは下の写真を見てください。

よやくのり

赤い矢印の所に「残り時間 17」と出ていますね。

これは、表示されている画面が元の画面に戻ってしまうまでの残り時間なのです。

次の工程は…
と考えていると、元の画面に戻ってしまいます。

ワタシは写真を撮るのに手間取り、最初からやり直すことになりました。。。

後ろに人が並んでいなくとも、残り時間が表示されると焦ってしまいます。初めてならなおのことです。

でも、操作自体は難しいことはないので、画面の指示に従いタッチしていきましょう。

それともう一つ。

「SCAN」と書かれたところにパスのQRコードをかざかのですが、ワタシの場合、なかなか読み込んでくれずに、位置を変えたりして、ようやく読み込んでくれたのです。。。
これが一番やっかいかもしれません。

とまあ、こんな感じです。
時間を有効に使うなら、使わない手はありません。

これ以外の注意点などが「よやくのり」のページの下の方に書かれているので、一読しておくことをおすすめします。

USJ情報サイトスマホ版はコチラ



コメント

  1. はっちべぇ より:

    キャラクターがいる間に、
    間に合ってよかったですね。

    この日は8時15分ゲートオープン。
    その前からセレモニーは始まりました。

    貴重なのはビッグバード。
    ここ数年お目にかかってなかったので。
    グリーティングもできました!

  2. いくみん より:

    今年はバースデーソングかかってたんですね。
    (記憶ではいままでなかったんですけど)
    去年、一昨年と行ってましたが今年は行けなかったので記事にしてくれてありがとうございます。

    あと、バイオリン’トリオ’ジャムだったと思います。

  3. ragtime より:

    >はっちべぇさんようこそ♪
    はい。間に合って良かったです。
    30分前なら大丈夫だろうと思ったのですが、セレモニーが見られなかったのが残念でした。

    確かにビッグバードはショーにも出てきませんね。

  4. ragtime より:

    >いくみんさんようこそ♪
    ワタシは初めてだったので、毎年バースデーソングがかかっているのだとおもっていました。いつもと違う雰囲気で楽しかったですよ。

    ‘トリオ’
    訂正しましたm(._.*)mペコリ
    ありがとうございます。