スポンサーリンク

トリックアート6

10th anniversary

今日はトリックアート紹介の第6弾。

この先まだ増えるのかは分かりませんが、ともかくトリックアートの紹介を。

場所はニューヨークエリアのこのあたり↓

映画「スティング」の場面を思い起こさせる場所で、ここを通り抜けるのが
ワタシは好きだったんですが、今は通り抜けができなくなっている所です。

ニューヨーク図書館前のトリックアートと同じく、レンズ状をとりつけた
ところから覗くことにより、立体映像に見えるパターンのものです。

10という数字が見えていますが、この数字の向こう側に行けるように
なっていまして、人も立体画像の一部として写真に納まることができます。

このトリックアートができる前までは、完全に塞がれてはいなかったのですが、
今は塞がれてしまったようですね。

コメント

  1. KANAMI より:

    スパイダーマンのもすごかったですが、
    これもすごそうですね♪

  2. ragtime より:

    >KANAMIさんようこそ♪
    こちらも立体的に見える度合いがすごそうです。

    しかし!
    まだワタシは実際に見ていないのです…(汗)

  3. nappy より:

    トリックアートみたいです!
    トリックアートって10個?あるんですよね。

    レンズ越しに写真撮ってる人結構いましたよ!!!

    全部見てみたいです。

    話が変わるんですが、
    5月30日って雨っぽいですよね
    何か持っていたらいいものってありますか?

  4. ragtime より:

    >nappyさんようこそ♪
    今日は遅くに天気が回復するようですが、
    雨は避けられないようですね。

    雨のパークで遊ぶ時は、傘よりもカッパのほうが
    遊びやすいかもしれません。